ユウキ君がスタジオにやってきた。

証明写真用のライティングを組んだときに、ユウキ君がスタジオにやってきた。
なにも考えてない無心の表情である。抜き打ち、という感じでこういう写真はユウキ君には申し訳ない。ところが次のカットでポーズのようなものをとりだしたような。スタジオのストロボなので、撮影するとチャージが終わるまで「ピーピピピ」と音がするのだけど、その音に合わせてモデルが動くのと同じようにユウキ君1歳11ヶ月も動くことがわかった。先日のイベントでストロボ撮影の様子を見たからかもしれない。
彼は最近、自分のビデオを見るのが好きだ。「びでおみたいぃ~」と、ビデオカメラをつかんで要求する。ビデオがはじまると、ビデオの中の自分のことを面白がって見ている。自分のまねをしてみたり、その場で飛び交う言葉のまねをしてみたり、その場で歌っている歌をいっしょに歌う。こういう参加型の遊びは、確かに「おかあさんといっしょ」を視聴するのと少し違うのかもしれない。
ところで、ボクの体調は相変わらずかなり悪い。びっくりの悪さ。でも仕事をすべて放棄して休むのは無理。今日も撮影をした。セッティングが終わって、おもわず妻に「撮ってくれ」とカメラを渡してしまったのだけど、軽く無視された。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *