シグマSD14のつづきを少し

前回の撮影テストの補足で掲載してみました。(この写真のみクリックで少し拡大)最初からこんな風に並べてみれば良かったかな。。。心理的時間的な余裕がない状態でやっているのでいけません。。。すべてMFで撮影しているのですが、シグマのズームはMFがよくわからず、フォーカスエイドで撮影したつもり。(しかしピンぼけ)これはタクマーというレンズだそうです。SMC=スーパーマルチコートのおかげ?純正のズームよりもちょっと落ち着いた描写が良好な印象。人物のさくれい。ホワイトバランスをSunlightにすると黄色っぽいというか緑っぽいんだけどなんだかやわらかくて、アナログに近いような味わいを感じるのは私だけでしょうか。しかしAutoにしたほうが正確っぽい感じです。今日気づいたのはキャノンの太陽光は5200Kで、シグマのSunlightは5400Kという表記。200Kも違うとどの国のどんな太陽なのか、という前提が違う、ということかもしれません。
EOSだけ使っているとEOSはいいな、って盲信できちゃうのですが、別のカメラの別な思想の色を並べると急にEOSの色が信じられなくなったりします。これは良い刺激になりました。SD14は空の色がいいですね!EOSでは10Dまでこのような青空を堪能できていたのですが、20D以降、色が変わってきて現在に至ります。

4 thoughts on “シグマSD14のつづきを少し

  1. さ?、これからカメラ沼の大海原(沼なのに?)に出航だぁ??。
    ボ??????????っ。
    船が出るゾ?????。
    世界一周してきてね。

  2. 煽るなぁ、、、、。(笑)船とか飛行機に乗り遅れる夢が、ボクの中で最悪の悪夢なんですよぅ。(汗)シグマSD14の撮影テストはあとまだ「スタジオの部」が残っていて、それが終わったら返却となります。

  3.  このようなテストをして貰って、何だか申し訳ない気持ちです。
     スタジオで晴れ舞台を経験するだけでも、十分です。
     ・・・。hanchanさん、FOVEONですが、川を流れる水をDP1で撮ると、実にリアルに撮れるので驚きます。SD14でも良いレンズだと経験できると思いますが、今回は無理かも知れません。
     MFの50mm、ファインダーから見える色の割には、人物のアップなども味わい深いです。

  4. phosida様、今ちょうどDP2の発売で盛り上がってますね。なんだかうらやましいのですがそのときにSD14が試せるのがありがたいです。ただやはりレンズでテイストがまるで変わることにも戸惑っています。もう少しだけ撮影してみたいと思っています。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *