スタジオ写真フェア2009

先頭車両でカメラ構えているのはだいたい旅行者かサーキュラーに決まってますスタジオ写真フェア沖縄プロ機材のLEDを早速白い紙を撮影しながら真剣にテスト EOSでRGBのヒストグラムが揃った(ように見えた)5200Kで手を撮影 この難しさがLEDかなーと思う。セコニックのカラーメーターの出た目をプロ機材の人(っていうか社長さんだよね)が見せてくれました。(そういえばその出た目の補正値でも撮ってみれば良かった。)記憶の中のボーゲンイメージングの色味とも感覚的に少し違う。私にはLEDは難解です。(追記:翌日もう一度試してみるとWB補正M側に-4くらいやるともっとバランスの良い色味になりそうだ、という感じでした。そのあたり市販バージョンも同じになるのかも不明だし今後も要チェック、プロ機材ならではの価格と性能に期待したいと思います。)
エプソンのストレージビューワーが夏のファームアップで大幅に機能強化されてプロ必須の機能が遂に搭載されることがわかった。説明員のM氏に「めちゃめちゃうれしいです!」と喜びをとにかく表現しました。ようやくP-7000を購入することになりそうです。 ただニコンではライブビューもサポートしますが、キャノンはまだ無理らしくそこは全世界のEOS動画ユーザーの落胆を誘うだろうけどしかしロケ撮影のときストレージにRAWバックアップを残しながらかつあの美しい液晶で立ち会いの人にほぼリアルで撮影結果を見せられる幸せ! それが新型でなく従来の6000と7000で可能になるなんて!!
ナナオではColorEdge CG243Wを展示していました。IPS液晶のメリットとデメリットの話、今までデメリットが多く出てしまって採用できなかったが今回ようやく997などを完了にできるくらいのものに仕上がった、ということ。その説明だけでみんな十分にわかるでしょう。これもうれしい新製品ですね。気になる基本同パネルで半額のSXとの違いもとてもわかりやすく説明してもらいました。
本当は有料セミナーをたくさんうけるはずだったけど、セミナーを選ぶ時間的気分的余裕が事前に全くなかったのと、本当に行けるのか読めなかったので結果として今回は主に展示を見るだけの参加になりました。

追記:もしかして今回我々が宿泊しているのはいちはちさんが「ラブホテル内装」と指摘したホテルではないだろうか。。。。

5 thoughts on “スタジオ写真フェア2009

  1. 旅慣れたトラベラーだったら、ミニ三脚持ってるところだろうが・・・・。
    サーキュラーは、ちょっと甘かったな・・・・・。
    今日、展示即売品があったら、買うのではないだろうか?

  2. キヤノンのライブビューがサポートされないのは、やっぱ、エプソンとキヤノンは競合メーカーだからではないかと・・・・。

  3. ダイジョーブです。
    これは間違いなくHOTELです。
    ボクの泊まったヒテルは赤と黒のエロカラーに、
    怪しく光るLEDが床から光るという完璧さでした。
    見る限りココは完璧です。

  4. いちはちさん、おかえりなさい。
    >これは間違いなくHOTELです。
    そうですか、我々が宿泊したのはホテルでしたか・・・。鑑定していただき安心いたしました。 つーか文章がおもしろい・・・。 そして床からLEDが光るところに宿泊することになった夜の様子を想像するとご飯もう一杯おかわりできるほど味わい深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *