今回はリモコンで人差し指トリガー。

年に数回のサーキット撮影のお仕事ですが、新しいアイディアを試すのが楽しみです。今回はリモコンで人差し指トリガー。脇をしめて、より楽で確実な体制で保持します。リモコンは分解して厚みを半分にしていますww。なにげにケーブルも下だしになっており、もう元の状態には再起不能でしょう!ww ズームレンズはズームしないように白テープで固定して使っています。さて今回はどうなることでしょうか。
レンズレンタルをしたマップレンタルさんに「お願いします、今回はレンズ内部のよりきれいなやつを」と、特記事項でお願い文を書いてみたところ、(このレンズは気動が大きく、どうしても汚れる)今まででもっとも良いコンディションのやつが(あくまで偶然かもしれませんがww)届きました。ありがたい!!!
EF70-300mm F4-5.6L IS USMは、最新の手ぶれ補正、AFゆえに成功写真が多いです。しかし私は100-400の上位のレンズを思わせるなめらかなトーンが好きです。
まとめ(オレインプレ)
・100-400は手ぶれ補正とAFが古すぎて、成功確率が下がる。画質はなんとも良い。
・70-300は手ぶれ補正とAFが最新で撮りやすい。画質は硬質シャープネス、そんな印象。
・70-300はズームや絞り操作による焦点移動が大きい。シャープに写すためには、現場ではズームと絞りを操作しないに限ります。(シャッター速度と感度で明るさを調整する。)

コメント コメントを追加

  1. tats より:

    70-300初心者としては参考になるお話しでした。カリカリに写りますよね。これを買ってからは70-200/2.8はまったく使わなくなってしまいました。笑 重いし。

  2. hanchan-jp より:

    初心者だなんて、、(*^^*) 私こそ、レンタルだけで使っている超絶素人でございます。(^_^;) MTF曲線をよく見ると、70-300は全域で超絶な性能とわかります。100-400は、400域は超絶性能なものの、ワイド側にしていくとだんだん落ちてくると想像できます。私はその程よい落ち加減のところ(250mmあたり)を味わっていたようです。
    今まで70-300をjpegのラージの下位の画質グレードで使っていたのですが、今回は上位で撮影してみました。LRに入れて、LRのシャープネスがかかった状態で今一度見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です