Adobe Premiere Pro CC(プレミアプロ)のマルチカメラ編集がどうにも重いとき

Adobe Premiere Pro CC(プレミアプロ)のマルチカメラ編集がどうにも重いとき、なにかすると軽くなるな、という処置がありますが、、(2)に注目!! この切替による再レンダリングで軽くなることがあります!

マルチカメラ←→コンポジット切り替えの有効性ですが、この黄色の画面↓↓↓↓が出るような再レンダリング時に、軽くなるときがあります。今私が苦戦しているのは、原因は結構わかっていて、(1)フレームレートの混在のマルチカメラになっている これが最大の敗因です。わかっているなら、ソースを変換してから並べれば良いのですが。そうですねw あとは(2)マーキュリープレイバックエンジンの演算をしているビデオカードが弱い (3)メモリーの不足感(16GB) です。

超効くのは、この↑↑↑↑フォルダ名変更です。メディアの探索?だっけ?最適化等の、「メディア読み込み時の一連の動作」を全部やり直すと、不整合がなくなって、軽くなることが多いですよね。(要小一時間) 以上、整理してみました。

追記:プロジェクト、ソースを全部SSDに置けば楽勝です!

追記2:シーケンスが数時間、とか長い場合、複製して前半、中盤、後半、とかパートに分けて短くしてやると、軽くなります。(2016/02/04追記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です