一瞬の表情をとらえる

TS-E24mmF3.5L/5D
ようやく桜が満開になりました。長野県佐久市。あれ、梅のときと全く同じ撮り方だったかな?(笑)しかし桜は梅より難しいね。露出が狂う。このあとクルマで30分のところまで桜を撮りに行ったのに、、、まさかの「あの」ミスを! 「CFカードがありません」トホホ。カメラバッグの中に入ったたくさんのレンズの中に(そもそもたくさんレンズを持って行っているあたりにいつもと違う気合いが・・・。)フィルム一眼レフが入っていたのでそれを使って撮ってみる。ポジフィルムなので露出を変えて3枚撮ったり、儀式はデジより多い。フィルム(ポジフィルム)の仕上がりは5月2日。楽しみ。(この仕上がりまでのタイムラグもね。)スタジオに訪問したクマぽい犬をスタジオライティングで撮ってみる。うまく撮れない!スタジオに訪問した家族をスタジオライティングで撮ってみる。うまく撮れた!(笑)さすが家族。こんな風に一瞬の表情をとらえるような撮り方で他の家族も撮れたらいいのにな。

2 thoughts on “一瞬の表情をとらえる

  1.  家族、親戚なので当然ですが、特に真ん中の女の子は、息子さんによく似ていますね。
     仕事での撮影も、リラックスできたり、自然なコミュニケーションができると、良い表情が引き出せるのではないでしょうか。

  2. pyosidaさん
    >仕事での撮影も、リラックスできたり、自然なコミュニケーションが
    >できると、良い表情が引き出せるのではないでしょうか。
    そのとおりなのですが、瞬時に非常識なほどの打ち解けが必要ですね。つまり初対面の気まずさとか緊張関係を瞬時に打破するような「破壊力」がいるのかもしれません。
    家族の場合、カメラ前でなんの緊張もなく、ただ単純に「喜んで」いたために、すごく良い雰囲気の「スナップ」になりました。こういう写真がスタジオで撮れるんだ、って意外だったし、雰囲気の観点で今後の良い手本になった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *