ちょっと違うのを使ってちょっと違った結果に出会いたい

キャノンの営業さんが、東京から我がでじたる屋に来てくださった。(もちろん他にも数件予定した中でのご訪問だと思いますが)キャノンの提案する
「ライブなフォトスタジオ」
をぜひご導入ください!というのが話の柱なのだけど、機材一式を持ち込んでのライブ撮影の実演など、えー、でじたる屋にはもったいないほどの(!)豪華なプレゼンでした。いつも極限まで設備投資しているでじたる屋ですので資金的余裕などなく(笑)「いいね!じゃこれ一式くださいな!」なんて即座に言えない(!)のが残念なのですが、だんだんとキャノンさんとの関係を深めていくことになるのはたぶん間違いありません。
ユウキ君の「いとこ」にあたる4歳のYちゃんでドレスの習作撮影。
キャノンとの関係を深めていくだろう、とか言いながら、実は自分はソニーミノルタのデジタル一眼レフ、アルファのプロ仕様を入り口に、カメラはソニーミノルタに移行していきたいと密かに狙っているんです。ソニーミノルタは、現在は一眼レフ市場に参入したばかりですが、今後シェアを急激に伸ばして、現在2位のニコンに追いついて、最後は追い越してしまうだろうと私は予想しています。ニコンは3位に後退する、この予言は絶対に当たると思います。ソニーミノルタの良さは、「キャノンとは違う」というところに尽きると思います。プロカメラマンの大多数がキャノンを使っているのならば、ちょっと違うのを使ってちょっと違った結果に出会いたい、そんな私です。

9 thoughts on “ちょっと違うのを使ってちょっと違った結果に出会いたい

  1. Yちゃんもかわいいですね! 純白のドレスがとても似合ってます!
    白の中の白の再現もバッチリ綺麗だし・・・ アクリル板のような特殊な背景?
    ソニーミノルタのデジタル一眼レフ、アルファのプロ仕様なんてあるんですね! 昔のニコンF2みたいにチタンボディ?(笑)
    それにNPSやCPSみたいなんもあるんでしょうか?
    でも考えたら、ソニーは業務用の音響機器や映像関係の実績は確固たるもんですし、パチカメ(ふつうのカメラ)のプロ用参入なんて、今なら技術的には簡単そうな気もしますし・・・ カメラ音痴でプロアマの区別もわからない人間が言うのもへんですが・・・(笑)
    いずれソニーの時代は必ず来ますよ! 我々までの年代の人間には、ラジオやテレビの仲間は絶対ソニーだけど、カメラはね???って人が多いですもん。しかしプレステからソニーに入った若者たちは、カメラの事わからなくてもソニーを選びそうですもんね??
    いずれニコンやキャノン使ってるカメラマンも、今ライカやローライ使ってるカメラマンみたいに特殊な存在になったりして・・・(笑)
    でも実は、これからはカメラ付き携帯(カシオ)の時代なんです! な??んて、自分の世界も宣伝させてね!

  2.  アルファのプロ仕様は、アルファ7のことですか.Sonyから出るフルサイズのことでしょうか.
     最近、Canon10Dとist-Dで同じところを撮っていますが、ist-Dの方が気に入ってきました.散歩サイズの大きさ.渋めの発色.比較的手に入れやすい価格のレンズ.などの理由です.
     そして、近くK100Dを購入しそうです.
     hanchan-jpさん、一度ゆっくりと比較するのも良いですね.

  3. 価格コムの掲示板から始まり、いろいろ噂を調べていくと、ソニーの2000万画素フルサイズの噂が、あっちこっちにありますね。(噂は噂ですが)
    私の周りには、やっぱりCとかNとかいうおじさん(失礼)が多くいます。若いこのブランドバックと同じで、ブランド先行なのです。SやPなんてカメラじゃないみたいなことを入っていたのですが、両者ともうまくブランドイメージ作っていますよね。Sはアルファ、PはLのレンズ
    で話は戻って2000万画素ですが、きっとでるんでしょうね時期はわからないけど….
    そうなるとSのCCD使っているNも出すのかな?(って自分が一番ブランド志向?)、そうなると今のレンズは使えないので、1から考えられるようになるかもしれないです。

  4. SHUさん、「白の中の白の再現」ってのはまあ、とても危うい世界ですよね・・・。このカットはセットの交換の間に遊びで撮ったものでそんなに追い込んだ(ちゃんとつくった)わけじゃないんですよ。アルファのプロ仕様ってのはまだ発表されてません。どこかでソニーの人が「プロ用などのハイエンド機もぜひ企画したい」ってなことを言っているのを見ただけです。(でもそういうの言うときって企画がスタートしてたりするのが常だから(笑)ソニーに期待しちゃうのは、子供の頃から強烈なソニーファンだったのも影響していると思います。
    >な??んて、自分の世界も宣伝させてね!
    この部分、声出して笑ってしまいました。(笑)

  5. pyosidaさん、アルファのプロ仕様っていうのは、まだ世の中に出ていない私の空想の中の機種なんですよ。(笑)(1)フルサイズ(2)手ぶれ補正(3)ゴミ取り(4)その他ソニーならではの新機構 を持つ、「最強のプロ仕様」がソニーから出てくれるはずなんです。楽しみに待ちたいと思ってます。
    ist-Dの描写の良さ(情景を写すチカラ)は、キャノンにはない、って感じます。ボクは年末にまたアメリカに撮影に行くかもしれなくて、もし行くことが決まったらなんとソニーのR1を急遽買って、持って行きたいって思っているんですよ。pyosidaさんが放り出した(失礼)R1ですけどね。どうしてもR1には未練があります。(うーん、ソニー好きだなぁ・・・笑)

  6.  20D後継機の噂があった頃、なじみのキタムラで「コニカミノルタからフルサイズが出るという噂があるんです。」と言われたことがあります。
     逆算して、この頃からSonyへの移行が決まっていたとしたら、Sonyからのフルサイズの出現、案外早いような気がします。
     (全くの脱線ですが、ミノルタMDシリーズのレンズが使えるカメラが欲しいです。)
     5Dが買えない普及価格待望者にとっては、Sonyの進出大歓迎です。5D248000円以下になって欲しいですね。
     R1ですね。R1、 hanchan-jpさんなら大丈夫かと思います。
     R1ですが、1000万画素の描写力がどんぴちゃりと出るときと、「あれ、どうしたの」という当たりはずれが、私の時は結構ありました。コンパクトデジカメ以下の出来が結構ありました、。
     ある人が、万人向けではなく、じゃじゃ馬と言っていました。こうだと、断定できませんが、花に関しては「良かった」と思ったことは一度もありません。
     ですから、「放り出した」というか「放り出された」というべきかわかりませんが、扱いはとても難しいです。
      hanchan-jpさん、挑戦してください。

  7. ひ、、姫がいる!!
    私が子供の頃はこんな夢のある衣装を着させてはもらえなかったなぁ。時代はは良くなりましたね…(遠目)。
    女はいくつになっても女といいますが、4歳でも十分女性としての眼差しがありますね!

  8. pyosidaさん、R1がコンパクトデジカメ以下の絵を出すことがある、というのを聞いてショックをうけました。そしてなるほどさすがソニーサイバーショットだもんな、とも思って妙に納得もしました。(笑)うーん、困った。

  9. masaki-miyawaki さん、なるほどそうですね。衣装は金額的にはものすごい安物なのですが、考えてみればとても贅沢なことでもありますね!4歳のまなざし、、よく見抜きましたね。(ある意味「マジ」な目線だと周囲から言われています。)ほとんど全てのカットが、ラブラブ光線発射状態のような感じでした。いえ、彼女の中のヒロイン性が開花していたのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *