キューピー

こっちはいつものようにキャノン純正ソフト(DPP)で現像。DPPによるAWB。現実に忠実といえば忠実なのだが、色とコントラストがもう少し冴えたらいいなぁ、と思ってフォトショップCS2でも現像してみた。フォトショップCS2によるAWBの解釈は、キャノン純正と全く違う。今回は、フォトショップの勝ち。

12 thoughts on “キューピー

  1. 現像ソフトによる違いですか??  でも、やり方によっては同じような結果も出たりしません? 5Dはフェーズワンので現像したらええなんて知人もいますけど・・・ フォトショップでやった方が後の扱いがし易い場面もあるんでしょうか?
    そんなことは私にはどっちでもよくて、今日のも最高ですね!
    バスクリンの宣伝でも同じような事してますが・・・
    私も子供が小さい頃はいろいろ遊びましたよ。(笑)
    現在、長男(18)の頭はハリネズミみたいです(笑)

  2. 上の写真。なるほど、5DでもDPPで現像するとこの背景の色が出るのですね。D2000とDPPの組み合わせ特有の色かな、と思っていたのですが。
    あ、今回はAWBの話でしたね。
    とはいってもDPPではWBをいじっても下のような写真にはならない感じがするのですが、試されてみました?

  3. あーーーー!!!こういう写真好き好き大スキーーー!!!
    アタシは1枚目の色味の方が好みでございます。
    でも同じ現像という作業でもこんなに違うんですね。

  4.  きゅーぴーちゃんかわいいですね。思わずにんまりです。
     金曜日にある青年向け雑誌の編集部に持ち込んだときに、となりのキッズ向けの雑誌の編集部の方がすたすたとやってこられて、キューバの子供達を写した写真を大変気に入ってくれて。。。。。。。
     子供写すのとか興味ありませんか?といわれてありますと答えてしまいました。仕事でそんなのないのですが。
     再来月ぐらいから仕事を、、、、、、ということなので子供撮影の武者修行です。やっぱりぬいぐるみやら、着ぐるみで気をひいた方がいいんですかねぇ。
     昔出版社で撮影したときは箱にストロボを入れて、光源がはっきり見えないようにトレペで覆ってたのを覚えてるのですが。ストロボに反応してしまうんですかね。
    アドバイスいただければうれしいです。

  5. Pomboさん、そうなんです。DPPでは下のフォトショップのような色バランスにはなかなかならないと思うんです。汎用ソフトにはそれぞれの面白さがあると思います。

  6. ソネカワアキコさん、1枚目のほうが好みですか。この日記をUPしたのが自宅に持ち帰ったノートPCだったのですが、あらためて職場の「正しいモニター」で見てみますと、、、確かに1枚目のほうが私も好みだと、、思い直しました。

  7. Benさん、LOMOっぽさですか。Benさんのネギの作例ですが、バージョン1ですでに最高の完成度だと思っていましたよ!私が10年前に出会ったLOMOの雰囲気は、まさにバージョン1くらい暗く、しかし色がきつく出ている風合いでした。LOMOって、生産年度で性能が違ったり、モデルが違ったりするのかな?

  8. だいどうまさふみさん、子供がストロボに違和感を持つかどうかは、よくわかりません。子犬を撮影したときは、ストロボには全く反応した様子がありませんでした。(定常光のランプのほうが嫌がったです。)子供の気分をどうやって高めてもらうのか、そこは永遠のテーマです。表情の乏しい子供に刀を持たせたら、急に生き生きして刀を抜き差ししてポーズをつけて遊び始めたことがあります。子供って撮影の場でなにをして良いのか、大人以上にわけわからない状態になっていると思われます。子供が熱中できそうなモノとかコトを用意できれば、なんて思ったりします。

  9. 今年の七五三のために、プリキュア、ボウケンジャー、カブト、ラブベリ等々の話題を仕込まなければいけないと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *