発展のために欠かせない人

ユウキ君が風邪でダウンしたあと、妻が熱を出してダウン。ボクだけなぜかわりと元気にしていたと思ったのだけど、やっぱりおととい、高熱を出してダウン。(笑)やっぱりどたばたしているでじたる屋なのであるが、出来事というか動きもいろいろあった。でじたる屋の中に、美容師さんがヘア&メイクをしてくれるスペースが出現することになり、少しずつそのカタチが見えてきた。でじたる屋は妻とボクの二人でやっていた店だったのだが、いきなりにぎやかになった。
さらにもうひとつのとびきりのニュースは、なんと募集をしていないのに、、「でじたる屋で働かせてください」という若者が飛び入り参入したきたこと! よく話してみると、こんな良い人が良く来てくれた、と感心するほか無かったので、最初は無難に断り基調だったのに、最後は逆に「キープ!」基調に。(笑) 今日はお試し入社(笑)の彼に撮影のアシスタントをお願いしたのだけど、ロケ現場での振る舞いやアシストぶりも完璧で、この人はでじたる屋の発展のために欠かせない人かもしれないとも思えてきた。(なんという幸運。)
この感じだと年末まで息つく間もなくあっという間に駆け抜けるようになる、そんな気がします。

15 thoughts on “発展のために欠かせない人

  1.  ヘア&メイクルームですかどんどん発展してますね。
     若者飛び入りですか。うちにも飛び入りこないかしら。
     来るのはムービーの仕事ばかりです、、、、、写真とりたいです、、、、

  2. 私も飛び込みしたいです…。
    はじめまして、松本出身のkockoです。
    昔私が夢見ていた、理想のお店、デジタル何でも屋。それを本当に実現してしまった方がまさか同じ県内にいらっしゃるなんて。
    今は、ちょっと日本から飛び出して、地球の反対がわで勉強の傍ら人の写真やらパソコン修理やらやってます。

  3. 新メンバーも加わってますますパワーアップですね。長野まで行く機会があったら、ぜひでじたる屋に伺わせて頂きたいですね~(^^)一度活気あるお店の仕事風景を拝見させて頂きたいです。あ、飛び入り就職希望ではありません(^^;僕のレベルでは、あっという間にクビになりそうですから(笑)。

  4. お久しぶりです、はんちゃんさん。
    でじたる屋、いいですねぇ。
    ご近所だったら毎日でも伺いたい!
    で、うちの愛犬たちを撮ってもらいたいのです。
    もぅワタシが撮るとピンぼけやらなにやら大変なのです。
    動いているわんこ達を上手く撮る秘訣はありますか?
    是非ご教授ください~m(__)m

  5. すごいっすね、はんちゃんさん。社長ですか!(あ、すでに社長なのか)。
    ますますのご発展をお祈りしております。
    発展している段階はうきうきしますね!

  6.  hanchanさんのお人柄でしょうか。
    みなさん、集まって来ますねぇ。(笑)
    秋の紅葉時期、また軽井沢に行く予定です。
    その時に、また寄らせていただきますね…。

  7. メイクさんって重要ですよね。
    私の場合、画像修正が苦手&個人的に嫌いと言うのがあって、撮影前に
    モデルさん自身をメイクで綺麗にしてもらう事が多いです。
    でじたる屋ってhanchanさん&ご家族のお陰でよい環境のようですね、
    私も今のコンピュータ関係の仕事を捨ててお願いしたいくらいです。
    写真関係のスキルが低くて付いていけませんけど・・・。
    秋から冬にかけて、バイク日和になるので自分のいかがわしいバイクで
    訪問しようかと考えている今日この頃です。
    ではまた。

  8. ダイドウマサフミさんのところも、飛び入り歓迎なのですか?そしたら私はぜひ弟子入りしたいですよ!(笑)(<そんなことになるとでじたる屋が空洞化してしまうわけですが・・・。)ムービー撮影は憧れます。子供の頃から動画のカメラマンに憧れてました。

  9. kocko さん、はじめまして。でじたる何でも屋、という仕事は実に幅が広くてまだまだいろいろ(チャレンジ)できる、そんな気がしています。

  10. makoさん、長野県は軽井沢方面に遊びにいらした際には、隣町の「佐久市」までぜひ足を伸ばして頂いて、でじたる屋にお立ち寄りください。ただし、結構臨時休業(ロケ撮影で不在とか)がありますので、事前に電話連絡してくださいね!(携帯:090-2254-3453)

  11. とろさん、わんちゃんを撮影するときは私は「ピュー」って鳴るおもちゃを使って目線をもらいますよ。ピントとかは、我々が使っているような一眼レフカメラなら(たぶん)大丈夫なんですよ。新しくデジタル一眼レフを新調するなら、やっぱり(!)「ソニー製」でいかがでしょうか。(笑)私は期待しているんですよ。プロ用が発売されたときには、買える財力を持っていよう、って思います。(<がんばれ!)

  12. Benさん、前回お越しいただいたときは、ちょうど料理の撮影に出張で出ていたときだったようです。当時出会えていればなぁ・・・・。ぜひまた懲りずにお立ち寄りください!

  13. ふぉとやさん、メイクの不備をレタッチで補う、なんてことは考えちゃいけないと思うのです。こっちは「メイクさん」ではないので。(でも修正しながらどの程度ほおを暗く残すのかな、とかわからないながらもやってます。)秋冬にはぜひデジタルの一眼レフを持っておいでください。(しかし、あまりに多忙で対応できない日などがあり得ますので、事前にご連絡くださいね。)

  14. おひさです。“あおいぶた。*dp-pB”です。
     飛び込みでスタッフ増員『太っ腹』ですね。正直、羨ましいですわ。
    ウチなんか、やっとスタジオ形になりましたと言いますか、契約に漕ぎ着けました。コレからです。と有る業種の方を中心とした、
    スピード撮影&プリントショップ。今度こそくじけない様にしないと。
    で、一つお聞きしたい事が!半田様の所ではL版も5500でやってらっしゃるのでしょうか教えて戴けると嬉しいかな?と。
    ではであ

  15. あおいぶたさん、私のところではお客様のデジカメデータの大量プリントみたいのはあまり気乗りせずに受けてます。キタムラのほうが仕上がりがいいですよ、ってお断りしたうえでそれでも、という場合やってます。プリントは5500のほうがキメが細かい感じなのですが、総合的には光沢感のある5000,あるいは920(現行だと5100,930ですね)のほうがパリっと仕上がるので使い分けています。5500が最上位機種って盛り上がりがあるようですが、冷静に見比べると一長一短。目的によりますね。絹目用紙との相性では5500が抜群です。ややマットでギラギラしない、そういう個性があるのが5500ですね。で、そのような5500の特性で5800っていうのが発表されましたね。インク代が5500より1/4くらいになりそうな(!)画期的なモデルですね。インク代が年間40万円かかる場合、一年たたずにモトが取れる、という、、、、ああ、書いていてこりゃ買わなきゃいかん、って気がつきました。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *