とほほなのか、未来に希望が見えたのか微妙

ややこしい類語を打ち込むときこそ、ATOKの本領発揮だろ、そんなに日本語詳しく覚えてなくても今や入力中に教えてもらえるしサポートされてるもんね、と思い込んでいた私。え?出てくるの一部だけじゃん、、、なんで?!
調べた。私が買ったのは英英と英和の辞書がついているだけのATOK。
素のATOKにはたいした辞書がついてなくて、国語も含め、辞書はオプションだったんだ・・・・知らなかったというか安いバージョンには落とし穴があった、ということだった。2000円高いプレミアムにしておけばロングマン英英/英和辞典 for ATOK のほかに
会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK
『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例
明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.3 for ATOK
がついていた・・・・。2000円けちったために、「プレミアムなんて庶民の俺には要らないよ」という安易な姿勢だったために、、、この失態を招いてしまった。。。。(今まで使っていた昔のATOKは「電子辞書セット」というバージョンで類義語ももっと手厚く説明されていたのでした。)
明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.3 for ATOKは別売で5500円程度。これ買えばいいのかな。。。
または、要するに類語について知りたいという欲求が強いので、類語辞典を5000円くらいでオプション購入すればいいらしい。うーん、いいなぁ。。。そうするか。(とほほなのか、未来に希望が見えたのか微妙な状態なのであった。)
たぶん最初から2000円高いプレミアムを買っていればこの5000円の追加投資はなかったことでしょう。。庶民であってもプレミアムを買え、これがATOK購入のポイントだと思いました。
人気ブログランキングへ<現在写真カテゴリーにてなんと40位付近まで上昇しています。50位以内が夢だったので目標達成しました!クリックしてくださったみなさま、ありがとうございます。。。。。

2件のコメント

  1. yukinyaaさん、明鏡入っているとは、、、セレブですね。正直、私が負け犬です。(忍耐)<一人にしておいてください。(男は言い残して立ち去った。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *