いくらなんでも

いくらなんでも仕事が濃密すぎる・・・
たくさん請求しよう!(笑)
よろしくお願いします!(誰にいってんだ)(そんなことよりがんばって質を高めよう)
深夜2時 職場にて
追記:ぼやきだけではどうかと思うので写真追加撮影のほぼすべてをライブビューでやっているのだけども、そのときに涼しく被写体を照らす蛍光灯(ライトセイバー)がお役立ち。
これからの季節、冷房費節約にも効果的?
さらに追記:今日の撮影クロマキーを提案しようかなと思って撮影テストまでしてしまった・・・。帰ろうと思ったらクルマがなくて原付、しかも雨だったからこんなことに、というのが本当の動機か。orz (今度こそ帰ろう 5:24AM)

3 thoughts on “いくらなんでも

  1. SHINYAさん、stxiaoさんのブログはたまにおみかけしていたのですが、自分のRSSリーダーには登録してなくてノーチェックでした。弁当箱ストロボのアンプル、一度取材のときに電池ストロボを現場で落下破損して、そのピンチヒッターで使って、その後使ってません。良いストロボなのはstxiaoさんのおっしゃるとおりで、周辺までグレーが安定する特性は良いと思います。使いこなす場合はやっぱり同じアンプルを複数台で運用するのがベターだと思ってます。一台だけだと他の機材と違和感が強くてなんだか発想を切り替えるのが大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *