回避できない気がする。

Lightroom2.4のバグ、やっぱり回避できない気がする。
カタログを作り直すと、「メモリーカードの検出時に読み込みダイヤログを表示」がデフォルトになる。
Lightoomって適当なつくりでバグの多いソフトだったけど、最近バグが減ってきて性能も上がり、結構いい感じになってきていたのに、、、、なんか残念。このへんなバグがなかった2.3にダウングレードしようと思うんだけど、できるのかな。昔ダウンロードしたのが残っていればラッキー、かな?なんだ、あっさりできた・・・。デスクトップにちゃんと64bitバージョンの2.3があった。
なんと、新旧併存してるっぽい。

5 thoughts on “回避できない気がする。

  1. 「カタログから削除」するつもりが間違って実データを削除してしまったことがあり、仕事のPCからはアンインストールしてしまいました(単に使いこなせなかっただけでしょう)。CS3をライセンスオーバーで使えないリビングPCに代わりに入れていますが、web用切り出しに使うくらいですね。自動のカタログ作成で閲覧したHPの画像やバナーまで取り込んでしまうのには苦笑しました。
    不満はあるものの自分にはBridgeで用が足りているようです。
    そういえばDxOoptixproも最近はほとんど使っていません。

  2. EIZOU様、、、実データの削除、実害は無かったのでしょうか。。。カタログの概念の難しさがひとつのハードルになっているソフトですね。カタログを仕事ごとに新設する、という新しい技を教えてもらってから使いやすくなりました。(それは要するにカタログの機能をある意味否定した使い方)Bridgeは初期のバージョンで馴染めなくて使ってないのですが、使いこなしている人の様子を見ると他にない機能があっていいなと思います。 Dxoは少し前まで収差補正で独壇場のソフトでした。今は建物をまっすぐ上に伸ばすときに使いたいと感じますが、どうですか?あれは良い機能ですよね?(あのためだけに欲しい。)使ってないのはもったいないですね。

  3. EIZOU様、2月にそんな悲しいことがあったのですね。。。うーむ。でも別系列のバックアップ、私的な写真でも二重になってなかったというのはまずかったということでもありますね。
    Dxoの現像品質に疑問符がつくのはよくわかります。最初こってりしていて好きだったんですけど、だんだんおかしいと思いはじめて、それゆえに購入に至ってません。フランスの独特の思想?みたいのも面白いんですよね。でも尊敬できるところがあってかなり肯定的に応援しているソフトです。安価に、安価にと二回繰り返されているところがうれしいです!(笑) もし欲しくなったら販売価格の50%でお願いできればうれしいです。(しかし一時的に40%オフで販売されていたことがあった気がする。そのとき私はこのソフト終わり?と思いました。<心配したってことで。そして怖くてむしろ買えなかった。笑)

  4. yukinaaa様、私はMacでもWinでもどっちでもこだわりなく使えるはずと自覚自認しているのですが、なかなかMacを買ってもらえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *