AdobeのサイトからSoundboothなるソフト

今日は「音声編集」を朝の4時から午後2時までやってました。あまりやらない作業なので手法から考えました。ICレコーダーで録音した会話がとても不明瞭なので音を大きくしてほしい、という依頼なのですが、メモリー内蔵タイプなのでイヤホン端子から出力してPCで「録音」する作業からスタートでした。
会話の途中にバタン、とかガーとか大きな音があるのでピークを自動的に割り出す仕組みを使うと全体のレベルが下がってしまうので、大きな音はひずむほどの大音量になってもかまわないと考え外に出すことにしました。写真の白飛びと同じですね。
ただ、大きな声と小さな声の音量比を調整したり、ノイズを減らしたりする良いソフトはないものかと途中で気がついて、AdobeのサイトからSoundboothなるソフトの体験版をダウンロードして試してみました。なんと携帯電話の呼び出しのピピピ音が消せる機能があったので、試しに救急車が近くを通過して会話がかき消され気味になっているシーンの救急車の音を試しに消してみることにしました。そしたら簡単に救急車の音だけがとても小さな音になってかき消されていた会話がちゃんと聞こえるようになりました。これはびっくり。
写真をPhotoshopで編集(レタッチ)し、動画をPremiereで編集するように、音声も様々なエフェクトでまるで写真のレタッチのように高度に加工できることがわかりました。いやー奥が深い。。。。

4 thoughts on “AdobeのサイトからSoundboothなるソフト

  1. さすが、でぢたる屋!
    やってることの幅が広いですね。
    上は、ゆうきくんの決済を受けてるところ?
    でぢたる屋総帥は、ぢつわ、ゆうきくん?

  2. あまり詳しくないけど、appleなら高度のサウンド編集ソフトが一体になってるはず。
    リミッター、コンプレッサー、イコライザー、エキスパンダー、波形エディット。もちろんサウンドブースにもあると思うんだけど(プリミエ~ルは詳しくない^^;)。
    ファイナルカットは映像編集ソフトに組み込まれている(別ソフトだけど)ところがリーズナブルなのかな?でもそれを本気でやると、パソコン環境とサウンド編集環境を充実させる必要が.....。私は手を出さないぞ~。

  3. yukinyaa様、決裁は珍しい映像などに対していただけるものと思っております。「珍」ゲット!を目指してがんばります。

  4. dojou7様、AppleはFinal Cut Studioは統合ソフトの全部入りですよね。以前は15万円のやや高額なソフトという印象があったのですが今や¥108,800。 Adobe Premiere よりも実質安いです。おっしゃるとおりとてもリーズナブルだと思います。 私専用のマックを買ってもらうときにはそのソフトも一緒に、、、、と野望は懐事情と無関係に拡大していきます。
    「手を出さないぞ~」というところから連想して別途「カメラマンの役割」というのを考えた日記記事をアップしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *