植草教授監修によるスーパーローアングル撮影システム、「ミラーフリー」

植草教授監修によるスーパーローアングル撮影システム、「ミラーフリー」遂に弊社スタジオに配備されました。
プレスリリース
かねてよりご要望の高かったローアングル撮影に強力な助っ人を導入いたしました。長時間無理な姿勢でローアングルを続けることの健康リスク、冷え、あかぎれ、腰痛、などなどのお悩みもスッキリ解決。今なら一週間お試しプライス。
奥にあるのは炭の棒実男氏による最低地上高撮影デモンストレーションです。高すぎず、低すぎず、絶妙な姿勢、人生の規範です。

1 thought on “植草教授監修によるスーパーローアングル撮影システム、「ミラーフリー」

  1. 三脚座のあるレンズならこの方法で天地正位置にできますね(BGを外す必要アリ?)。不整地且つ3ウェイ雲台使用前提で他のアクセサリーを必要としない方法ですね。フードマンに45度光路を曲げたタイプがあればと思います(4×5"のアクセサリーにそんなのがあったような…)。
    マンフロでセンターポールを横挿しできるタイプを使っています。ジッツォの「エクスプローラー」も(抜かずに)センターポールを振れるタイプだったかと。
    ハスキーハイボーイもエレベータを逆挿し可能ですが、ギアがあるため復元する際にクランクの位置がずれることがあります(収納時にクランクを縮めなくなる)。
    床が水平な場所なら鉄板に自由雲台をネジ留めしたものでも足りそうですが、どの方法がブレにくいかはそれぞれ検証が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *