まるい動画

circular photographyの流れをくむ動画だ!(<単にまるい動画じゃん) 撮ったまま忘れていたのを掘り出してきて編集。

17 thoughts on “まるい動画

  1. 拝見すますた。
    くるくる回るのかと思った。
    うちの猫が番組に反応してましたよ!
    最後に鳥が出てきたとこですが・・・・。

  2. 私も今見ていました。ブログもよく拝見しますが、実際の映像や撮影風景等を見ると、「やってみたい」と思いました。流し取りの際は、何処に焦点を合わしているのでしょうか?

  3. おお!
    番組終了後、続々とお便りが!
    話が前後してすませんが、このまあるい動画の最後のとこ、撮ったのワタシ・・・?

  4. 匿名でごめんなさい、さっきテレビ見てびっくりして飛んできました。
    すごく面白かったです!わくわくしました!
    これからも素敵な動画&写真をたくさん録ってください!

  5. メッセージありがとうございます。テレビ番組作りを少し目撃少しお手伝いというような面白い体験ができて嬉しかったです。 映像的にも変態っぽく歩いている感じが良かった。(笑) 
    Chochiさん、撮影時はカメラの都合でオートフォーカスできないこともあり、固定にしています。 普通のオートフォーカスのカメラではオートでいいと思いますよ。
    yukinyaa様、まるい動画の最後のシーン、巨匠ゆきにゃ氏がカメラを手にしたときの貴重な映像です。ありがとうございます。
    通りすがり様、書き込みの感じからなんとなく直接知っている人のような気がします。なんとかがんばって、日々楽しくやっています。 今後もよろしくお願いします。
    photo0467 様、NHKの方、というか番組を作っている張本人のような方といって差し支えないと思います。 非常に(ありえないほど)簡単簡潔な機材でした。 ハッタリが必要ない興味もない、むしろ誰もテレビ局とわからないほうがいい、というくらい? (ヘタレのくせになにかと大げさな私は反省。)

  6. もうNHK、上がってましたね。
    生ついったーボイス(つぶやくようにボソボソ)の低温の魅力にうっとりしました。
    しかも、言ってることが理解できる!

  7. でじたる屋で教えてもらってここにたどり着きました。子どもの走っている姿がかわいいので,うちの子でもあんな映像をとりたいと思っています。
    ステディーカムを使うときベストを使わないでとっているみたいですが,ベストがない方が撮りやすいんですか?よかったら教えてください。

  8. Genkiさん、アームベストは「とてもじゃないけど手では保持できない」という重量を支えることが目的であり、カメラ+ステディカムが重量的にも時間的にも手持ち可能は場合は手持ちで十分にいけると思っています。
    egawauemonさんのtokyo TOKYO – CRUISE 2009
    http://www.youtube.com/profile?user=egawauemon#p/u/5/EcAZESRR4R4
    はGLIDECAM HD-2000での手持ちだそうですが、完璧な撮影ができていると思います。ただ、体力次第ではHD-2000+EOS+レンズの重量が無理という場合もあるのでその場合はアームを足したほうが良いと思います。アームでの操作は手持ちよりたぶん少し複雑でより慣れが必要だと思います。 いろいろ考えると丸一日業務で撮影する、というようなケース以外は「手持ちでできる範囲」から機材を組み立てるとフットワーク良く楽しく撮影できると思います。

  9. dojou7様、男女を昼間初めて知ってiTuneで動画を購入してしまいました。その後実は太郎という男性アーチストの楽曲だった、とかいろいろわかって面白かったので一時的に並べてみました。 テレビ出演というのは私のことでしょうか。 削除した記事の中でどなたかに教えていただいたNHKオンラインのものを貼っておきました。恥ずかしいのでしばらくしたらこれも消します。

  10. 早速のお返事ありがとうございます。シネシティでステディーカムのページを見つけたので購入しようと思っていたのですが,価格的にベスト必要なのかどうかが知りたくて質問しました。カメラが軽く,撮影時間が短ければベストはあまり必要じゃないようですね。参考にしたいと思います。ありがとうございました。

  11. グライドカム等の、ベスト無し手持ち撮影に慣れてしまうと、逆にベスト+アームが使いにくくなるかもしれません。
     安いのは、「手持ち」だけど、ベスト+アームの費用を出して購入しても、思ったように使えない・・・なんてことには、ならないように。(私の事かな?)
     ベスト+アーム+ステディ(グライド等の装置)があれば、誰でも「魔法の絨毯動画」が撮れると思わないようにね、みなさん。
     あのーー、アーケードをフライカムを持って歩く半田さんの姿、何かに似ていませんか? 前かがみ、膝を伸ばさない、脇を締めて両手を前に少し出す。 えさ場から日本猿がイモを両手で抱えて食事場所に急ぐ・・・・そんなふうに見えてしまいます。決して、半田さん=日本猿ではありません。 動作が似ているという事です。しかし、膝と腰に負担のかかる歩き方ですね。

  12. yosshyさん、アーム+ベストで揺れてしまう現象、展示会で約100万円のアルテミスだけ明らかに揺れが止まらなかったです。同じスキル、同じ人間でなぜ、、、、やっぱりセッティングかなぁと今は思います。(思いたい) アーム+ベストは手持ちよりもさらに突き詰めたセッティングの上でないと成立しないのかもしれません。 私の姿勢がサルっぽくて変なのは普段からなので気にしないでください。(笑) ただ懸命に全身でショックを吸収するべく動かしているのは確かかもです。 腰は特になんともないです。 台湾だか香港だかの人が「ピタピタピタ」って前足を 出していたのを動画で見てそれは常に意識しています。

  13. yosshyさん 貴重なアドバイスありがとうございます。いかにカメラに撮影者の上下動を伝えないか,また撮影セットの質量が大きいほどぶれが少ないということは理解できます。また,振動を吸収できる限界も当然あるはずですから,魔法の絨毯はある意味理想的セッティングなのでしょうね。もし,また機会があれば教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *