iPad


ついさきほど会見で公開されたムービーももう茶の間に届いてる
だたの大きなiPhoneだけど、ユーザーはもとより、ここにコンテンツを載せて売る人たちが一番ハッピーだろう。紙に印刷して書店に積んで売る、というのが衰退中なだけで、良質なコンテンツそのものはみんな欲しがっている。出版という言葉は単に紙に油性インキを塗って製本するだけでなく、こういう電子媒体向けにシフトすることで商売しやすくなるのだと思う。
端末はデザイン、機能、性能に加えて、価格が安い。。。 アップルはこの本体価格で儲けるのではなくて、ここにコンテンツを載せて商売する法人様からガッチリいただくのではないでしょうか。ユーザーとしてはiPhoneの画面が小さいなぁと思っていた人はこっちの大きいのがそりゃいいでしょう。ムービーを見ていると「ああ、こっちだ!」って自分ははっきり思いますね。ソフトバンクにシフトしないでドコモ回線を残しておいて良かったです。私にとっての待望の新型iPhoneとはまさにこのiPadで全く問題ないです。いつかこれでPerfumeをBGMにしてツイッターしながらお風呂に入ろう。(笑)

8 thoughts on “iPad

  1. 現物見たら、意見変わるかも知れませんが、文庫サイズ位でカメラがHD対応だと
    嬉しかったですね?。凡そ10インチは
    ちょっと大きく感じられました?。
    カメラ付いて無いのか?。出来る事は
    iphoneの方が多い気がしますね。

  2. う~ん、このサイズ。
    見るには良いのだろうが、持ち歩くには大きいのでは??
    コンテンツにもよりますが、この半分でも良いのかも。
    通信費がどうなるのか?そっちに関心あり。
    コンビニでは、これの右にテンキーがくっついたようなヤツで、前3日間のデータを見ながら注文を入力していた(10年くらい前の話)。

  3. 丸目四燈様、今までのiphoneがさしずめ文庫サイズであって、今回のiPadは厚い女性ファッション雑誌みたいな、持ち歩くのにはどうかな、というリッチなサイズだと思います。持ち歩こう!と気合いの入っているオタクは多いと思うし、自分も通勤の荷物に加えますが、でも山手線の中で似合う機器ではないですよね。。。 田舎のマイカー通勤(アメリカもそんな感じですよね)では全く問題ないということです。 価格を抑えるためにだいぶ機能を削ったものを初回の機種にしてありますね。今後はもっといろいろ入れてくるかもです。売れればですね。

  4. yosshy様、持ち歩き用とは思えないサイズだと私も思います。雑誌などのコンテンツを本気で収納するために必要なサイズだったのではないかと思います。ユーザーが欲しいサイズというよりも、出版側が欲しい大きさをまず用意することでビジネスを組み立てやすくしたのではないかと勝手な想像をしています。雑誌印刷用にDTPで作ったデータをそのまま出力して電子出版するという形式で、どんどん電子流通にシフトしていく、そのためのプラットフォームとしてはモノクロでパワーのないキンドルよりもリッチコンテンツも載せられるパワフルなiPad、さすがアップル、積み上がっているノウハウと技術力がすばらしいと思います。 通信は電話なしの機種の場合はもちろん無料で、電話ありの機種の場合は現状のiPhoneと全く同じプランに入るということかと思います。

  5. これって、どうやらUSBでSDやカメラから直接写真を取り込むことができそうです。
    クライアントに撮ったその場で写真見せるには抜群の大きさだとは思うのですが、それだけの為に買うのか?と自問してます。
    あ、本当にそういう使い方ができるのかは良く分かってませんが汗
    上で書かれているゲームは面白そうですね。

  6. WFTで撮影するのに、jpeg転送先をウエブサーバーにしておいて、そのサーバー内のjpegを屋内のクライアントに見てもらう、みたいな利用イメージ? 可能ならばあり得ないほどスマートですね。

  7. pompoko様、WFTをFTP撮影モードにして通常はPCのローカルに保存するのですが、そのフォルダをウエブサーバーにしておけば即時で世界中のクライアント(笑)に公開できるということになりますね。ビューワにパソコンっぽくないプレート(iPad)を置いておく。スマートですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *