絶妙なタイミングで息子が妻のノートPCを

新型MacBookPro発表という絶妙なタイミングで息子が妻のノートPCを踏んでしまった。これをみて思わず「いいなぁ」と不謹慎なことを言ってしまった私。Adobe製品はアップグレードのタイミングでMacからWindowsとか切り替えることが可能(ライセンス購入時)なので10万円高いけど格好良いMacにするか(笑)など嗜好で選ぶことが「今なら!」可能なのです。でもまじでやりたいことにお金がついてこない。大変ですねー。先日から山のぼりをはじめて今日が4回目。なんとなくタイムに挑戦してみた。1回目18分、2回目15分、3回目13分というような感じで少しずつペースアップしていましたが、今回は可能な部分を小走りにするなど、明らかに「狙って」いきました。結果はまさかの8分50秒。これって8分切るのも時間の問題かも。。。7分とか6分とか切れるようになったら次第にアスリート体質に変化しているはず。実は先日、本屋さんで「満腹は体に悪い」というようなテーマの新書を手にとって30秒くらい立ち読みしたのですが、かなり面白くてそれから2週間で2キロ体重減りました。昔のバイク用革パンツもすんなり履けてしまってびっくり。(追記 空腹力 (PHP新書) 石原 結實という本だったらしい)彼岸桜ですが、ようやく咲き始めました。でじたる屋の近くの公園ではソメイヨシノも一分咲きです。

5 thoughts on “絶妙なタイミングで息子が妻のノートPCを

  1. お?、でお花見はいつ?
    ノートパソコンは外付けモニタにつけて使えば良いのでは?
    私のPowerBookもそうやればまだ使えるんですけど。

  2. tats様、タフブックのご提案笑いました。ある意味いつも憧れています。ヘビーデューティー。しかし気密性ゆえ?放熱が難しいのかスペックはいつも控えめですね。そこが惜しい。iPadをタフパッドにグレードアップするケースが欲しくなってきた。
    yukinyaa様、佐久の花見は寒いんです。花見なんてやったことないし、やりません!(きっぱり)<寒いのは夜桜じゃろうって)tatsさんじゃないけど、春といえばミニスカ、「ミニスカ見」だったら大歓迎!(なぜかセクハラおやじモードになっているが)

  3. SHINYAさん、普段はPCを踏むなんてあり得ない(と思う)のですが、イベントの日に楽屋裏で子供同士で夢中でふざけているときの出来事だったようです。この壊れた画面を見せたら唖然としていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *