接点を復活させる、エツミナノカーボンペン

EOSキスデジタルX2+標準ズームキットを買って一眼カメラ生活をはじめた友達にずいぶん前に単焦点レンズ(35mmF2.0)を押し売り気味に貸し出しました。当人は「自分にはそういうレンズの善し悪しとかわからないと思う」みたいなことを言っていたのだけど、こだわりの性格などを考えるとこの一本の単焦点レンズがとても刺激的な存在になるはず、と確信していた。果たして友人はEF24mmF1.4Lというとても高価なレンズを買うなど明らかにマニア化して楽しんでいました。しかしずっと35ミリが帰ってこない(笑)使ってるという話も出てこないのでどうしたのかなと思って先日聞いてみたら「使ってないや、返すよ」ということになり戻ってきました。ボクがAPS-Cサイズの7Dを買ってからイマイチ全然プライベートで使ってないのは自分が大好きな標準レンズの画角(50ミリ相当)を実現するこのEF35F2.0がやっぱり必要だったんですね。しかしおかしい。撮影ができない。(笑)友人のところですでに壊れていたのか、長期のほったらかしのせいかわからない。気まずい、、、。修理に出せば数千円だ。落ち着け。。。そこで出てきた接点の薬品。(写真は別のレンズに塗っているけど)塗ってみた。接点エラーで撮影できなかった症状は無事に解消!!この接点の薬品はカメラバッグに必携ですね!!
追記:OMO様から「SETTEN NO1」なる同様製品をご紹介いただきました。そっちのほうが絶対使いやすそうです!!欲しい!!

2 thoughts on “接点を復活させる、エツミナノカーボンペン

  1. 初めまして OMOと申します。
    エツミの接点改質剤、最初出た時に私も購入しました。ただ、少量の為すぐに無くなってしまいコストパフォーマンスからご存知かも知れませんがSETTEN NO1なるものを購入し同様に調子が良くなりましたのでご報告しておきます。ビックカメラのオーディオコーナーでちょうどマニュキュアほどのサイズ(ハケ付き)が3千円台だったと記憶してます。調べるとどうやら中身はエツミのものと同じ、というかこちらが最初でカメラ用でエツミから出たようです、詳しくは分りませんが。ストロボのジェネやカメラのストロボ用の端子などペタペタしてます。特にジェネ(我が家はサンスター)や延長コードに塗りますと装着感もスムーズでお気に入りですし、ストロボのシンクロも不安定だったり不通なコードも復活しました。量はきっと10倍じゃきかないぐらいたっぷり入っていておすすめです。

  2. OMO様、「SETTEN NO1」って何?って検索してみたら「これこれ、こういうのが欲しかった!」って思いました! エツミのペンタイプ使いづらいですから、そっちにしたい! 細かいところ、隙間に塗りたいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *