明らかにマニア

今日は車検&修理が出来上がったクルマを引き取りに行こう。ディーラーは長野市方面で、我々は電車に乗る。電車の外から撮っているとユウキクンに心配される。本気で心配している。大騒ぎつまり全く信用されてない父だ。はじめて駅からディーラーまで歩いてみる。おんぶ、歩けないなど情けない道中もあったが、最後は青い看板を見つけて走り出した!大喜びの再会。フランスに注文したリアサスペンションの部品がいろんな影響で遅れていてそれ以外の修理が完了。14万キロを超えているのだが、驚くほど新車のフィーリングに近づいた。重整備を家族で楽しんでいる、明らかにマニア一家なのであった。

2 thoughts on “明らかにマニア

  1. 14インチってことは、またスタッドレスでしょうか?
    リヤサスは、トーションバースプリングでしたね。
    猫足206は、ハンドリングが楽しい車ですよね~♪
    元マニアより(^_^;)

  2. studiot_official様、写真から14インチがわかる、って変態(いい意味で)ですね!すごい。楽しいですよね。プジョー206。207はバンピーな気がするけど(いい意味で)安全なクルマになりました。206の時代は乗り心地重視だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *