偉大なるクバ傘

整理中にこんな写真が、、、。かぶった傘(沖縄土産のクバ傘)が確実にひ弱なボクを熱中症から守ったってだけでなく、果敢に炎天下に出て行くことができました。しかしかっこ悪い!(笑) このときカタログ用のイメージ撮影をしていたのですが、「こんなイメージで」ってシリアスなムードのポーズの手本をしても「伝わってないっす」
手つきが怪しい。これ見て自分はこのレンズ、人差し指でピントリング、薬指でズームリングをまわす習慣があるんだなと気づきました。
追記1:疲れ目に注意だなぁ。。深夜から休みながら画像処理作業しているのですが、目が(私は視力1.5くらい。しかし中学から遠視)疲れてぼやけてくるんですね。そうするとどうなるかというと、ピント判別能力が落ちるために相当量のピンアマカットも見逃してしまい、全部ピントが結構合っていると判断してしまうのです! ピントの分解能はフィジカルな要素って大きいんだなと思い知らされました。休ませながらやりましょう!

6 thoughts on “偉大なるクバ傘

  1. yukinyaa様、私遠視も老眼も同じような眼鏡で実際親と貸し借りすることあるんです。同じようなものかと思っていたのですが、老眼は近くを見るための筋力の衰えのようなもの?で、老眼は近距離より遠距離側にフォーカスが逝っちゃってると。ああ、矯正の幅は大きくなるのかもしれないですね。よくわからん。つーかある程度自分も老眼になっているはずとも思います。

  2. スプレーでオレンジとかに塗ったら、シュールになるかも。
    私も老眼になりました。
    背面液晶が見えにくくなったので、遠近両用作りました。
    パソコン用にも作りました。
    なので、今、3本使いです。

  3. 老眼をメガネ要らずにする手術がTVで紹介されていました。
    レーシック手術のように、角膜をはがして、レンズベビーのように絞りの役目をする穴の開いた黒いプラスチック(らしい)フィルムを埋め込むのです。これにより、開放しぼりよりも絞った方が被写界深度が稼げるのと同じく、目の被写界深度が深くなり、メガネが要らなくなるそうです。
     片目だけにやるのが普通だそうです。

  4. みなさまのご意見をまとめますと、フォーカスリング付の老眼鏡があれば良い、ということで決定いたしました。(そのルックスはたぶん白髪ヒゲのドクターっぽい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *