面白いように安定したプリントが出てくる

プリンターを床下(机下)から暖めているオイルヒーター。24時間の運転温度をプログラムできるタイプなので、朝5時~10時までちょっと本気、あとは間欠だったり適当に(笑)アイドリングしながらプリンターを守るようにしました。
(そのせいなのかははっきりしませんが)面白いように安定したプリントが出てくれて、昨日今日と大変仕事がすすみました。
p.s.内心密かに「プリンターを最新最強のPX-5Vにしたら面白いようにプリントが安定しました!」という話でもいいな、って思ってたのですが、、、(嬉しいような寂しいような)<嬉しいですもちろん

3 thoughts on “面白いように安定したプリントが出てくる

  1. いや、やっぱ5Vでも温度によって安定しませんでした、って話にすれば、「温度は重要」って結論に導けるのでは?
    出来れば客観的に、i1Shareで測色して、偏差をグラフ表示にして下さると完璧。w

  2. 良かったですネ。
    温度が大切というよりは、マシンの動作仕様外で動作し初めていたのが原因だと思っています。
    温度・湿度に関しては、マシンの動作範囲外から動作内に入ってから3時間かけるように説明書に記述してあったと思うので、3時間というのも一つのキーワードだと思います。

  3. そうか、i1Shareで記録した数値を偏差のグラフにすればいい、ってことですね。←研究者かよw
    PLIE様、プリンターを使用する温度、湿度の条件についてまじめに考えたことは今までありませんでした。説明書に書いてあるということならば基本、ということでしょうけど、私にとっては盲点となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *