EOS(WFT-E4)とiPhoneをShutterSnitchでつなぐ

ShutterSnitch、というソフトを使うと、カメラ→iPhone or iPad にリアルタイム転送しながらの撮影が可能になります。
未来のEOSには標準でスマートフォンに撮影データを飛ばせる機能がつくかもしれませんので、こんなのは今だけかもしれないですが、今日あらためてアプリを買うところからやってみたので、まとめます。1800円ですね。


やたらにハッキングされるわけもないので、シンプルなパスワードに。ここでこのソフトは、そのときにiPhoneがつかんでいるIPアドレスを元に、FTPサーバーアドレスを出してきます。しかしこれは暫定。次にEOSの設定。このTCP/IPは、iPhoneとEOSが通信に使うためのアドレスです。今のところわけがわからないので、そのまま放置します。FTPサーバーには設定すべき項目があるので開きます。このログオンパスワードですね。iPhoneで設定したやつ。無線LANのSSIDは自分のオリジナルでOK。このへんは結局デフォルトでいいみたい。暗号化も僕はとりあえずしません。通信切から、FTPに設定すると、WFTは電波を出しはじめます。すると、iPhoneがEOS(WFT)の電波を拾って表示します。コレクションビューという画面の右上の「+」をタッチすると新しいコレクションを作る、ってなことを言い出します。日本語で言えば「アルバム」みたいな感じ。時刻をふってくれているので、そのままいける。コレクション(アルバム)を開くと画面上側にサーバーのIPが表示されます。これは通信のための(私の場合snet2ってつけたもの)アドレスというイメージ。例によって、上位2つをあわせて、下位ふたつはユニークになるように適当にばらかして設定します。サブネットマスクはこれが必須みたい。iPhone側に表示されているアドレスをFTPサーバーのIPアドレスとして入れる。iPhone側は、コレクションを開いたりコレクションビュー(一覧)に戻ったりするときにFTP相手を探しに行くみたい。EOS側はシャッター半押しで探しに行く。
コレクションを開いた状態で、EOS側のFTPランプが長く光ったあと、消灯すれば準備完了。シャッターを押せば、わりとすぐにiPhone側に表示されます。
以下は、RAWを飛ばさないためのいつものjpeg飛ばし設定。これで軽いjpegを飛ばすことができて、遅延はまず発生しません。最後に、iPhone側のIPアドレスが勝手に変わるのを防ぐ設定。確かにこれでEOSとiPhoneの関係性が固定されるかも!
通常のワークフローは、、
EOSの電源を入れて電波を出す
iPhoneのWiFi設定で、EOSから出てる電波を選ぶ
iPhoneのShutterSnitchアプリを立ち上げる→コレクションを開く
EOSのシャッター半押しと、ShutterSnitchのコレクションの開け閉めを少しやると、つながる

11 thoughts on “EOS(WFT-E4)とiPhoneをShutterSnitchでつなぐ

  1. おかげ様ですごく快適に使用してます。
    さらに覚え書きみたいにアップいただき、嬉しいです。

  2. おお、そうですか。うれしいです。ワイヤレス仲間! 始めてしまうと、これなしには成立しないくらいですよね。 そういえばまだキヤノン純正のスマホリモート対応って出てませんね。意外とこのShutterSnitch様の時代が長く続いています。

  3. hanchan-jpさま
    はじめまして。wan-wanと申します。
    yukinyaaさま経由でお名前はずいぶん以前から存じ上げておりました。
    以前からこの記事をお見かけして、いつかこのアプリ買いたいと思っていたのですが、待っていた甲斐があって本日¥850にPriceDropしたので速攻ゲット、こちらを見ながら設定をさせていただきました。おかげ様で無事設定も完了、静的モードで動作も安定、これは役に立ちそうです。
    本当にありがとうございました。

  4. え、wan-wanさんってはじめましてなんですね、あらためてよろしくお願いします。今日値下がりして、今日買って、今日もう動いているということですか?早いっすね! アプリの値下がりは嬉しいです。キヤノン純正が出る前に、値下げしておけ、という読みがあるのかないのかww。
    つーかよく考えるとまじでキヤノン純正のiPhone/アンドロイドアプリがまだ出ていないっすね。もしかして特許とかある?もしかしてこのShutterSnitchがなにかの特許のホルダーだったりして、、、

  5. 名前、存じ上げてくださってるなら光栄です(笑)。
    早いセッティングはhanchanさんのおかげですよ。
    出張先で編集と打合せの時など、いちいちカメラの背面液晶で画像を探して「えーと、さっき撮った画像は…」なんてやらなくても済みそうなのが嬉しいです。
    canon純正、コンパクトですがIXY 1用の「CameraWindow」ってアプリならもう出てるみたいですね。
    http://cweb.canon.jp/camera/dcam/software/sp-soft.html
    一眼用はどうなんでしょう?

  6. wan-wan様、そのイクシのスマホ連動、知りませんでした!!一眼用は、がんばってください、そのときはストロボの600もスマホで操作なんでしょ?という妄想たっぷりで大田区方面に向かって手を合わせておきたいと思います。

  7. すみません、
    変な日本語使っちゃいました(汗)。
    「存じ上げくださってる」ってなんじゃそれ…。えーと、つまり、存在を認識していただいてたのは嬉しかったです、って言いたかったんです。上手い言葉が見つからなくて(^_^;)。
    私も一緒に大田区方面に手を合わせておきます。こちらからは至近距離なのできっと念も強く届くことでしょう(笑)。
    そんな訳でこちらこそ今後ともよろしくお願いします。

  8. >こちらからは至近距離なのできっと念も強く届くことでしょう(笑)。
    心強い!ぜひ至近距離から(笑) 言葉は突っ込もうかどうか迷っていました、、、ひたすら恐縮しております&うれしいです。今後は厳しいツッコミもぜひ挙悦至極でお待ちしております!!(←あ、勢いだけの言葉の誤用です!(*^_^*))

  9. EOS(WFT-E4)とiPadをShutterSnitchで繋ぐ
    以前設定でお世話になった大分の佐藤と言います。
    以前iPhoneとiPadの設定を手助け頂き最近、iPadは新たな機種に変更した事でiPhoneは問題なく繋がるのですが、iPadが上手く設定が出来ず3日苦しんでいます。
    もしお教え頂く事が可能でしたらお願いしたいと思いメール差し上げました。 勝手なお願いですみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *