誰が正しかった?

先日、EOS5Dボディーの下につけるワイヤレスユニット(WFT-E4)の初めてのファームアップがありました。モデル末期になってどうして?と思いましたが、早速入れてみました。
「ワイヤレスオタク」な私ですが、実はここ1年以上スタジオの撮影でワイヤレスは使って無くて、使うのはロケでのノートPC向けor iPad向けのワイヤレスでした。
使わなくなっていた理由は、jpeg飛ばしでの撮影ではjpegデータと撮影RAWデータが二種類発生してそれぞれのバックアップが混乱しやすいことが第一。(ケーブル接続撮影はカメラ内部とPC両方にRAWデータが残るので安全性が高い。)
使わなくなっていた理由のもうひとつは、なんかしらんが、つながらないことが増えたからだったと思う。もともとつながる方法とつながらない方法があったりなかったり、手法があやふやだった。つながると「ラッキー!」って設定を保存しておくみたいな。。。
さて、ファームアップ後。さきほど撮影本番10分前から思い出してセッティング開始。本当にすぐに職場のWifiネットワーク経由でPCとリンクに成功。おいおい、なんでこんなに簡単なんだろう、、。。
てな私の感想には、いろんな私の側の勘違い等も含まれているかもしれないのでご容赦ください。以前挫折したまま、WFTを触ってなかったよ、という人はぜひチャレンジしてみてください!もしかするとファームアップで「あなたの設定が正しかったんです!」という結論になるかも。

4 thoughts on “誰が正しかった?

  1. 関係ない話かもしれないけど、C1でのCapturePilot(iPadでC1の画像を表示できるアプリ)が同じようにバージョンアップがあったのですが、(これはすでに1,2ヶ月前)バージョンアップ後はかなり安定して使えるアプリになりました。おかげで毎日、スタジオ撮影ではiPadとC1の組み合わせが手放せません。詳しくはこちらまで。
    http://procameraman.jp/Technic/C1pro_15.html
    何となくの印象ですが、無線LAN使用の機器が増えたり、使用者が増えたりで、メーカーへのフィードバックが増えて、それなりの対応がされるようになったのではないか?と想像しています。それまではあまりに少数使用者だったので、メーカーも本気で取り組まなかったり、フィードバックがあっても、それが使用者の誤使用によるものなのか、バグ的なものなのか?切り分けが難しかったとか、、
    まあ、何はともあれ、使いやすくなったのは歓迎ですね。

  2. 新藤さんのところで吠えたのが今やっと形になったのかも?なんて思ってたりします(笑)そうじゃないと思うけど…
     以前、Hanchanさんに教えて頂いたiPadの設定までどうにか壊れたら嫌だな?と思って今日現在アップデートしていません。
    そんなに簡単に繋がるのであればやってみようかな?

  3. tatsさん、CapturePilotがより安定したのですね。そのアップデートで毎日の仕事が気分良く&便利に変化するというのは本当に大きいですよね! 私はなぜこのタイミングかを想像すると、要するに新型のWFTが完成したんだと思います。そして旧型のバグフィックスにも及んだという想像をしています。

  4. たも。様、新藤さんのところで吠えていたのって、どんな内容でしたっけ、、、(忘れてる)iPadへの接続は私まだやってないです。きっと大丈夫でしょう。今回のファームはiPadと接続検証済みでしょうし。(証拠も根拠もないけど、常識的に考えてそうだから。。。笑)つないでみようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *