軽井沢大賀ホール

軽井沢大賀ホールで初めてオーケストラを聴いてきました。大賀ホールは私が新入社員だったときの社長の大賀さんが、退職するときに退職金(16億ぐらいだった?)を全額、愛する軽井沢町に寄付して誕生した音楽ホールです。大賀さんはスカウトされて経営者になったけど実は本物の音楽家(!)だったため、退職金が自分の理想の音楽ホールとなったこと、とても喜んでいるのだろうと思います。
撮影の手を止めて演奏に聴き入ってみると、音が良い、ということがよくわかります。特に管楽器。こんな音だったの?と驚かされました。フォルテシモの大きな音にも空間がビビりません。撮影のはずなのに、感動で泣いていました。(笑)
カメラの防音は本番では全く問題ありませんでした。さすがライブビュー。ただし、最初と最後のミラーアップ・ダウンの音が大きいので、それを拍手の最中などのところで行う必要がありました。
また問題は、レンズキャップとかのつけはずしの「カチャカチャ」ソフトキャップってないのかな。それからベルクロの「ベリッ」というところは全部テープで効かなくする必要がありました。対策前のベルクロのポケットにホール内でアクセスすることは無理なのです。怖いですねーー。(笑)
とにかくホールで音楽が聴けて良かったです。

2 thoughts on “軽井沢大賀ホール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *