私のバリバリメインPCが、軽量ノートPCに敗北してる件

performance results are from Mac Benchmarks,Geekbench 2 (Geekbench website)
資料ひとつ。一番下のが、オレのPCっすよ!!泣ける!!超泣けるっす!!
このベンチマークのGeekbench、特徴としてMac版と同時にWindows版もある、ということ!(驚)早速試してみると、オレのマシン低い!!(笑)普段いろんな動画を編集しているマシンなのに、超薄型ノートのAirにも、mac miniにも、大きく負けていました。(T_T)
ベンチマークのGeekbenchでは、過去に発売された多くの機種についてベンチマークを紹介しています。これを見ると、いろいろ驚かされます。2010年とか2009年とかに発売されたCPU一基のマックプロ(マックの大様マシン)が、2011年に発売されたマックミニと良い勝負になってしまっていること。(拡張性などの総合性能がありますので、単純には言えないですけど。)
簡単に言ってマックミニ4コアもマックとしては猛烈にお買い得であります!「サンダーボルト」のストレージを使えば非常にレスポンスの早い大容量ストレージを本体外部に持てる、ということになります。動画編集や、大量の画像処理の効率が良さそうなのと、2010年のMacPro(シングルプロセッサー)にも費用面、性能面でたぶん勝てます。
マックといえば高いという感覚がありましたが、最廉価のマックミニが使えるということがわかったので、これは感覚変わってきたな、って思いました。
さて、惨敗を喫した私のマシンを増強するための予算は、こんな感じです。今のマシンの弱い部分を入れ替えて、総額7万7千円です。これでグラフの上位、つまり2位には食い込むはずですが、、、GTX570というビデオボードは、Adobeのマーキュリープレイバックエンジン対応です。物理12コアのXeonってyosshyさん、やっぱりすごいんでしょうかね!
(この投稿にあたって、掲載グラフをサマリー編集もしているし、転載に心理的抵抗があったので、Primate Labsにメール連絡したところ、すぐにいいよ、ってお返事が帰ってきました。)

9 thoughts on “私のバリバリメインPCが、軽量ノートPCに敗北してる件

  1. Macpro これ書いているのが6コアで、見かけ上12コアに見えるけど、これが二つ入っていれば、速いわけだわね!これ+Qadro でエンコードもスイスイか??

  2. ウチの知り合いのデザイン事務所は、2?3年で新型Macに入れ替えるそうです。最近はMac mini が安くて早くていいよって言ってます。

  3. はんちゃんさんの マシン増強プランは ほぼそのまんまで
    私の方で先月増強したマシンになっています。
    (ビデオボードの方は少し貧弱ですが)
    OS用のDISKに最新のSSD(6GBPS)を入れたら、マックなんて超えちゃいますよ。
    なお Geekbenchは有料なので使っていません。
    5DMark2のDPPの現像時間は 5.2秒/枚 でした。

  4. 2010年7月に組んだWin7 64bit i7 X980 で、 5D2のRaw、1ファイルをJPGに変換するのに必要な時間は、
    DPP 5.8秒 (負けてる;)
    Lightroom3.6 2.9秒
    Lightroom4β 4.1秒
    LRは4の方が遅いのは、処理が多いのか?それともβ版だから? 
    今のCPUはまた変わっちゃってるしね。 欲望は果てしなく・・・・。

  5. かわかみ様、デザイン事務所でMac mini導入、デザイナーは本当は嫌だったでしょうね。でも今や立派な性能っつーことで。安心ですな!
    PLIE様、同じですか!!OSのSSD化は、、実はCPU入れ替えるまえにまずやるべき、もっともコスパの良い改装なんですよね。 最上位の12コアマックプロに勝てるウインドウズマシンってできるのかな。
    yosshyさん、負けましたか?とりあえずデータの置き場所と、書き出し先を両方SSDにすればもっと短縮されるのでは?? それにしても、i7 X980ってCPU超スゴですね!!

  6. HDDは、C: D:(画像) V:(ビデオ用)と入っていて、V:は3台をスパニングで高速化しています。ベンチでは確かにC:やD:の3倍は出ています。 データをV:に移しても、あまり早くならなかった。HTを切った方が良いのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *