一瞬迷っていただきたい

広角レンズをお探しの方に一瞬迷っていただきたいレンズ、EF20mmF2.8です。Lレンズと書いてありませんが、性能は多くの部分で20万円級Lズーム以上ですので、安心して使えるという逸品です。安い!落ちる!軽い!寄れる!超いいですおー。(写真はクリック拡大)
<追記>
あらためてレンズレビューサイトを各種見てみました。
The Digital Picture.com 16-35F2.8L2の20mm部分とのチャート対決(F5.6)
(han考察:解像感トータルとしてはLズームの勝ち。中央部のみ、EF20mmの勝ち)
EF20mmF2.8の色収差(GANREF)
EF16-35F2.8L2の色収差(GANREF)
(han考察:このデータ、最悪の色収差値を赤色としていることに注意。16-35は周辺端に悪い値・異常値があり、全体が青寄りに見えてしまう。しかしトータルとして16-35のほうがおいしい領域が多く、高性能。EF20mmは周辺光量と同じく、中央の狭いところにスイートスポットがある。)
ひずみ比較(歪曲収差)(ワイド端)(画面上にマウス重ねる)
(han考察:ワイド端が多く使われるのでワイド端で比較。16-35mm2型は広角端でややはっきりとしたタル歪み、20mmで(今知ったけど!)最も安定した像面となる。28~35mmでは陣傘と呼ばれる複合的歪み)
hanまとめ:冒頭の「多くの部分で20万円級Lズーム以上」というのはさすがにやや言い過ぎでした。スミマセン。m(_ _)m EF20mmは安い、軽い、小さい、周辺が落ちる表現力、歪み感の少ない像面の安定感(ここがたぶん重要)、そのあたりでまあ、愛好家にとってはリーズナブルな選択肢となると思います。 特にコスパでは優れていると言ってよいと断言します。歪みが少ないので、店舗とか建築写真撮影は作業しやすい。(とかいって、私は建築写真はEF14mmを主に使用ww。)
この記事に連動している??(まさか)(んなこたーない) T先輩がヤフオクにEF20mmを出品なさいました。ww基本的にいつも必要なくなったものを出品しているので、(←あたりまえだろ)先輩はダメだししている、という理解でいいと思います。超orz いや、高性能ズームがあったから、あえて単は使わなかったんだよ、、、、ぱっと覗いてどんよりレンズだし、、と想像しておきたい。(^o^)

6 thoughts on “一瞬迷っていただきたい

  1. DPP過補正だなと思って、かなり減らしてからアップしたんです。まだ過剰気味ですよね。。。
    kotodaddyさん、業務用スペックの部分は、実は建築の撮影が楽、というあまりパーソナルユースに関係ない話なんですけど、古いレンズなのに周辺を光学的にうまく押さえ込んでいてフレーミングがしやすいのです。16-35F2.8L2は周辺タルタル(ズーム域による)なのでまじめに撮影する気が(私は)起こらなくなります。 近接もすばらしく、商品とかモデル撮影でも最短撮影距離を使う撮影をずいぶんやりました。(いやそれもなんだか力不足な訴求だな。。。ww)
    店頭で触って一瞬迷って!!(笑)(そして後ろ髪引かれる想い、、、)
    宇谷屋さん、だめです。私が許しません。このレンズはキヤノンの外には出しませんから!!(いまいち空回り感のあるボケか。) カールツアイスディスタゴン21ミリっていうのがライバルかな。(大きく出た)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *