なんか硬いペーパー

お、ニコン製品買ったの?いえ友達が「格安だしこれしかあり得ない!」と教えてくれたニコン扱いのシルボン紙を買いました。自分が堀内のが遂にあと2枚で終わりとなり。。(笑)1000枚で約1000円は本当に安い。しかし、なんか硬いっすよこれ。裏と表があって、そこも注意だけど、、。試しに新品の透明CDケースをゴシゴシしてみたら、、、曇り傷が、、ああ、、というわけで終了。堀内のペーパーは傷にはなりませんでした。(見える傷とはならなかった。)自分はプロテクトフィルター使わない派なので、「なんか硬いペーパー」は怖いです。(鼻を拭くのも痛いので肌感覚的にはティッシュより確実に硬いです。)しかしこの結末意外過ぎる。。。あくまで私が買った個体の、私の感想です。
あなたも、お使いのレンズクリーニングペーパーで新品のCDケースを強くこすってみてください。チリなどが混入すると強い傷が出ますが、それではありません。幸運の場合、雲のような細かい傷群が浮かび上がります。
(この話は個人のいいかげんな検証、勘違い、間違い等が含まれている可能性があります。いえむしろ全くのデタラメです。)
追記:レンズクリーナー(界面活性剤)をたらしてから作業すると、すべりが良くなり、CDケースには傷になりませんでした。(肉眼で見えなかった)

コメント コメントを追加

  1. tats より:

    ちょうど僕も堀内のがなくなり掛けていたので、タイムリーなネタでした。そっかーニコンがダメか、、、まあね、自社製品用なのかもしれないし。
    こういう話は意外と表に出てこなくて、助かります。ニコンのここがサイコー!って言う話ばかりですからね。

  2. hanchan-jp より:

    >こういう話は意外と表に出てこなくて
    クリーニングペーパーのインプレッションは珍しいかもしれないですね!!ニコンのペーパーも界面活性剤を塗ってからの拭き取りであれば、柔らかいCDケースを傷にしないことがわかったので、私のインプレッションはやや過剰だと思います。ただし、堀内のほうが柔らかいといういこと間違いないと思います。(さきほど発注しました。) 意外な?!反応ちょっと嬉しかったです!!!

  3. ななし より:

    ガラスとプラで比較するのはどうなんでしょ?
    一度、瓶に貼られている紙ラベルをカッターナイフで削り落としてみてください。(ワインやビール瓶ね)

  4. hanchan-jp より:

    良い問題提起ですね。私は「ガラスを傷つけるために使用する工具はダイヤモンドなので、レンズ前玉なんてハンカチで拭いて十分」という持論をがあって、実際にハンカチとかTシャツの裾でレンズを拭いています。 今回切り分けのためにプラスチックを使いましたが、プラスチックが傷になったからガラスが傷になる、ということを示す実験ではありません。 私はレンズクリーニングペーパーでやわらかい液晶画面を拭いているのですが、ニコンのペーパーではちょっと拭けないなと思った、そんな感じです。あとコーティングが怪しいオールドレンズの前玉、後ろ玉も、硬い紙で拭くのはリスクがあるかもしれません。 そんな認識です。

  5. OMO より:

    昔はコダックのを愛用し、ここ最近はキムワイプがお気に入りです。
    堀内のは液体は愛用していますがペーパーも良いのでしょうか?
    キムワイプはもう少し柔らかくてもという気がしないでもないです。
    原料をみると堀内はレーヨンが入っているので柔らかいのかもしれませんね。

  6. hanchan-jp より:

    キムワイプは私はレンズには使用したことがありません。そうです、私の感覚ではキムワイプは固く(私の知るキムワイプはもう8年前に買った記憶)、レンズに使用されているものだという認識がありませんでした。堀内は柔らかいです。それしか知らない、というくらいだったので、ニコンのペーパーに驚きました。昨日50mmF1.4をニコンのペーパーで拭いてみたら傷状の後が残り、やっちまった!!とクリーナーをつけて堀内で拭いて、傷状の後はキレイになりました。(ペーパーの柔らかさには個人の好みがありますので、これは私の好みが「柔らか好き」、というだけの話ですね。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です