ノートPCに入っていたHDDを、SSDにまるごとダビング

ただいま、ノートPCに入っていたHDDを、SSDにまるごとダビング中。ファイル転送ではなく、「クローン」とでも言うべきまるごとね。やっぱり各種ソフト、ドライバーのインストールのやり直しは面倒だからこれがいいみたい。ヤフーキッズのトップ画面から、算数に切り替わるまで4秒もかかっていた、壊滅的フィーリングの2005年式バイオノート。SSDにしたら0.5秒で行けるようになった。あとは静音化。まるっきり別のマシンになり、2015年に無事に「10周年」を迎えられる見込みになった。ビンテージパソコンだ!

コメント コメントを追加

  1. PLIE より:

    はんちゃんさん こんにちわ
    ご存じかも知れませんが クローン作成には アライメント調整をする事で 更に性能がよくなる場合があります。
    windows SSD アライメント調整
    というキーワードで検索すると その手の情報が出てくると思います。

  2. hanchan-jp より:

    おー、アライメント調整なんて初めて聞きました。書き込み速度が低下していたりする可能性があるんですね。ディスクのベンチをとってませんでした。もう持ち主の兄に渡してしまったので、そこは検証できず。。。 やっぱり、新規にインストールしたほうがいろいろ良いですね。 情報ありがとうございました。

  3. PLIE より:

    windows7以降では
    OSインストール時に 自動的にSSDを認識して自動的にアライメント調整を行ってくれます。
    それ以外ですと、自分でアライメントを調整するツールを仕入れて、実施する事で可能のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です