ソニー ヘッドホンケーブル MUC-S12SM1


ソニー ヘッドホンケーブル MUC-S12SM1  リケーブルにより、低域がしまり、低音以外の音像も見通せるようになりました。
MDR-1Aには圧倒的な低音と、分解能に驚かされましたが、すばらくすると超低音が節度なく出すぎるような感覚が気になり始めました。この上位ケーブル購入により、KARAのGO GO サマー!は、バランスが良く聞こえるようになりました!
ビフォー>>オープニングから超低音のバスドラがステージのボーカル前で遠慮無くバンバン叩いているイメージ
アフター>>超低音のバスドラは残像を残さずに消えて、ステージの奥へ行き、ボーカルなどが前に出ました。
この聴き比べは、自分のベストな機材ではなく、スマホで行いました。
MDR-1Aの低音出過ぎにお悩みの方には、オススメのケーブルです。
これ以上は、ポータブルヘッドホンアンプ(PHA-3)+バランス接続、または1クラス上のヘッドホン。ええ、欲しいです。。。

コメント コメントを追加

  1. PLIE より:

    MDR-1Aは今も持っています。
    以前iFi nano iDSDと一緒に使っていましたが、非常に良い感じです。
    iFi nano iDSDは物理特性でなく音楽特性が良い感じを受けました。
    それに引き替え QUAD-CAPTURE で聞いてみると、ほとんどモニターライクに聞こえてしまいます。
    MDR-1Aはハイレゾオーディオ用として良いアンプと一緒に使いたいですね~

  2. hanchan-jp より:

    PLIE さんマニアックですね。iFi nano iDSDを検索して熱くなりました。 私もDSD対応したい。。 自分の耳と、自分のUSBのDACと、いろんなものが疑わしいですが、、でも不満は不満なのです。 もっと全然リアルに聞こえるはずと思っています。
    (EIZOUさんの返事は自分がためしてから!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です