光学ファインダーで適当に撮影していた時代を思えば、ありがたい

左にライブビュー、右に直前のショット、というレイアウトで撮影しました。
 Capture Oneでは撮影済みの写真に、フォーカスのピーキング(ピントが合ったところに色付け)ができるので、フォーカスのトラブっているカットがないかをリアルタイムで容易に監視できました。 カメラ内でのフォーカスピーキング、PC上でのフォーカスピーキングの有用性は歴然で、もうこの時点でEOS+DPPに戻りたいとは全く思いません。

二個のUSB端子に同時差ししたらどうなるんだっけ、なんてやっていたところ
実際は同時差しは私にとっては意味がなく、PCとUSB接続された側に、給電も行われます。 左は過負荷でマグネットが外れる、優れもののケーブル。(ただし、磁力には注意)

プレートにテーピングしてとりあえずUSB端子を養生しました。
 手持ち撮影のセッションでは適当な長いプレートに、適当にUSBケーブルをテーピングして撮影。これでも安心感はけた違い。全くカメラ側の端子を痛めることなく、撮影ができました。 端子を守るアダプターみたいのが付属だっけ?とか思っていたらそれは上位機種のα9だけで、うちの(7M3)はそういうのはないみたいw

特にフォーカスに安心感があることと(画質がぱっと見良い)、Capture Oneへの違和感があまりないこと、などなどで、お客様もアルファで全然心配なく撮影がすすみました。 ファインダーにピーキングが出るのを見せたら「おお!!これだ! 自分もこれにする!」とその瞬時でアルファ移行宣言していましたww MFしてピン送りがしっかり見えているのは絶大な信頼です。 光学ファインダーで適当に撮影していた時代を思えば、ありがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です