たぶん本番は

アイガモを使った無農薬稲作の撮影。田んぼと人物と主役のアイガモの3者が一枚に収まった写真が希望のカットなのだが、今までの数年、別のカメラマンで成功しなかったとのことで、今年はどうでしょう。ボクが脚立を立ててたら「そんなの立ててたら逃げちゃうよ」と農家の方に注意された。でもボクがイメージするカットは農家の人の肩ごしに水面が見えるカットだったので、そのまま脚立の頂上で待機することしばし。なんとアイガモの集団がすぐ近くまでやってきてくれて、めでたく撮影終了。なぜだろう、なんでこんなに運が良いんだろう、って帰り道考えてしまいました。(笑)翌日はまた宝石系の撮影。今回はドーム状のセットを組んでチャレンジしてみた。うーん、なかなか良い感じに撮れました。そしてこれは今日の写真。今日はユウキ君の保育園は音楽会。朝から三脚×2、ハイビジョンビデオカメラに白い望遠レンズ付のEOSを遠慮無く保育園に設置。普段から何気なく使っている道具ですが、こういう場所では不釣り合いでした。さて主役のユウキ君、やっぱり運動会にせよ音楽会にせよ、普段と違う雰囲気に違和感があるらしく、まるでいつもの良さが発揮できませんでした。先生も「たぶん本番はいつもとまるっきり違ってブルーなのでは?」と予想していたくらい。見事に当たりました。(笑)ユウキ君の性格について最近興味深く考察しています。気分のムラ(ハイテンション&ローテンション)、自己中心(笑)など、ボクとママの性格を色濃く受け継いでいるような気がします。

4 thoughts on “たぶん本番は

  1. たぶんね、AFとは相性が合わないんです。動いてない被写体の撮影から、修行することにします。

  2. ほんとうに写真とは想像力ですね。撮影は3次元で考えろか。採用写真見てみたい。
    「逃げちゃうよ」といわれながらも脚立を使うところなんかは、はんちゃんさんはけっこう「がんこ」なんだろうなと勝手に想像してしまいました。(笑)

  3. Pomboさん、ハイアングルでの撮影によって、普通と違うなんだか特別な感じを狙いました。最近電線工事をするクレーンのクルマで撮ってみたいと思うことが結構あります。撮影現場までクレーンで乗り付けて高いところから撮れたらなぁ、って。(でも実際はボクは高いところで足がすくんでしまうんですけど。)
    SHUさん、ありがとうございます。ユウキ君の表情って心の中身がすごくそのまま率直に外に出ていると感じます。音楽はすごく好きでステージから降りたあと、他の学年の演奏を聴きながら客席で大きくリズムをとり手拍子していたのが印象的でした。客席はISO1600でF5.6の1/8。さすがに撮影できませんでした。(残念)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *