「こうみせん(小海線)にのる!」

お、またはじまった!(とカメラで撮影。)このシュールな(?)ミニカーの整列遊び。最近始まりました。EOS30D/35F2 マニュアルフォーカス 撮影by妻(bu)
今日は休みの日で午前中から家族でなんの計画もなくとりあえず外出。気分で行き先を決める。ユウキ君が「こうみせん(小海線)にのる!」と言い出したのでそのまま素直に従ってみる。(素直な両親である。)写真は妻が「今日は(AFは自分に合わないから)マニュアルフォーカスで撮ってみた」という写真。フレーミングがAFフレームにとらわれていない良い写真だと思います。
なりゆきでとりあえずの目的地となった「小諸懐古園」の動物園にて、のっし、のっしと歩いてくる亀を「じゃあボクもMFで!」とチャレンジ。ボディーは30Dでレンズは35F2。絞りはほぼ開放のF2.5。うーん、30Dってのはハンデです。(<いいわけか?)8枚くらいの連写で3枚ミスしてましたよ。やっぱり難しい。お昼はおいしいそば屋さん。ユウキ君も大喜びでいつものようにすごい勢いでお箸で食べてましたら、隣の席の家族連れのおじいちゃんがユウキ君の見事な食べっぷりに驚いてほめてくれました。確かに毎度ほれぼれとする食べっぷりで我々もいつも魅了されているくらいです。(笑)我々の育児の基本に、快楽とか快適、感動とか喜びを共感したい、というのがあります。食事のシーンでもあれダメ、これダメ、というのはほとんどない。大人の食べているものはユウキ君もどれもOK。辛いやつ、熱いやつは、口に入れてみればわかること。ユウキ君はいろんな味覚を知っていると思うし、熱いものは「ふうふう」して食べることを良く知っている。
今日驚いたことがあったのは、その隣のテーブルの1才半くらいの男の子が、せっかくおいしいそば屋さんに来ているのに、(たぶんいつもの)パンとジュースの食事をしていた、ってこと。さすがにおじいさんが「うちの○○ちゃんもあんなふう(ユウキ君のように)に食べられるといいのにな」って言ってた。まあいろんな方針が家族によってあるのは当然だけど、こういう違いは良くあることでボクらの家庭がおかしいのかもしれないし、どれが正解とかっていうのは無い。
ボクがいつも願ってきたのはユウキ君にスクスクと育って欲しい、ってことだった。肉体的な成長はもちろん、脳の成長にもいつも注目していて、どんなことが脳に良いのかな、ってなんとなくいつも意識しているし興味がある。そこで「快」を求めるポジティブな育児が始まったのだと思う。
ところでしかし、今日は夕方にユウキ君にけじめとかガマンを強要させる大バトルをした。いつも自販機の前に来ると、好きな飲み物を買っては飲んでいたのだが、今日は家の近くだったし「おうちに帰って(冷蔵庫の中にある)ジュースを飲もう」とボクが提案したのだが、ユウキ君は全く受け入れない。すごい勢いで怒り出した。ぶち切れ、といっていい。(笑)
今までガマンとか不快とかを「悪いこと」だと思いすぎていた。昔の人はつらいこととか、ガマンしなくちゃならない状況がすごく多かった。現代人は便利に慣れてて、ぶち切れやすい。これからだんだんとユウキ君にもガマンをねばり強く教えていこうと思う。キミだけじゃない、親もガマンしているんだよ、ということがユウキ君にもわかればなぁと思う。根っこにあるのは裏切りのない太い親子の信頼関係で。

7 thoughts on “「こうみせん(小海線)にのる!」

  1. 30Dと5Dの写真見比べていると、5Dの良さが目につきます(ううう、欲しい)。
    ちなみに、個人的好みからいうと、最初の写真2枚、最初の1枚だけでまとめるほうが個人的には好きです。ユウキ君の手が入っていればあとは見るほうの想像にまかせるほうが面白いかな、と思った次第です。あくまで個人的嗜好ということで。とにかく1枚めの写真がすごく気に入ったので、2枚目の写真が逆にイメージのふくらみを妨げているような気になったのです。

  2. 時間をかけて、思い通りにいかないこともある、って説得する、ってことかなあ。思い通りにいかない場面に直面したときにどうすればいらいらしないですむか、っていうのを自分の頭で考えられるようにしてあげたいですねネ。

  3. うーん、見返しているうちに、上から2枚目の写真もいいかなと思えだしてきた。写真ってはっきりと「これ」と決まった正解がないから面白いのでしょうね。
    ちなみに、はんちゃんさん夫婦の子育て哲学には脱帽です。私達などそこまで考えて子育てしていません、ちょっと反省。多分子供達がもう少し大きくなったらしっぺ返しがくると思います。

  4. Pomboさん、上下の2枚の写真、ブログ的に説明的に並べてしまいましたが、作品の展示場だったら2枚はくどいし、説明的すぎますね。自分では気づいてなかったのですけど、Pomboさんが作品性を感じてくださったのだと理解しています。うれしい限りです。
    ところで、5Dです。写真から5Dの良さを感じることが出来てしまうなんてそりゃもうタイヘンですよ。つまりファインダーを覗いた瞬間からAPS-Cの他機と自分のインスピレーションが違ってしまう、ということです。Pomboさんもそういう人種なんですね。わかります。自分がそうですから。

  5. いつもユウキくんのあどけない表情に癒されてます。
    今は便利で豊かな世の中になりましたね??
    私が小さい頃、金属製のミニカーは一台数千円、大人のおもちゃでした。
    お金持ちのいとこから譲り受けた中古車を、ずっと大事にしてました。
    カメラマンの道具なんかも、それなりに入手しやすく便利になってるんでしょうけど、昔はなかった苦労も増えてるんでしょうか?
    昨日、開催中のグループ展の当番してるとき若いカメラマンに聞きましたが、CCDサイズと画角の関係を気にするカメラマンが多いって・・・ たとえばキャノンは3種類あって使い分けが大変だとか・・・ フィルム時代にはもっと沢山のサイズがあったし、私はなんかその話は不思議に感ますが・・・
    でもみんな、いろいろとあって大人になって行くんですね???
    もうじき50の、職業未定のオヤジもそれなりに成長してますから・・・(笑)

  6. SHUさん、そうですね。ミニカーはおもちゃ屋さんで売っているおもちゃの中でも最も廉価で手軽な商品のひとつで「ミニカーならいいか」ってな具合でついつい買って増えてしまいます。もう飽和といっていい量になりました。
    CCDサイズと画角の関係は、最後に残った砦(とりで)のような存在なんです。ボクもやはり時々話題にします。フルサイズのEOS5Dと、APSサイズのEOS30Dでは、いつでもはっきりと5Dで撮ったほうが良い写真が撮れるんです。単に道具が違うだけで、、、、あ、、、SHUさんは道具を選ばない(左右されない)写真家さんですね!(汗)(困りました。)

  7. うちのユウキ(高1)が小さい時は、機関車トーマスの金属製ミニチュアが流行って、欲しいやつを手に入れるのにずいぶん苦労しました。今ならネットで簡単に見つけられそうですが・・・
    CCDサイズに関して、コンデジはなんやらややこしい表示で、焦点距離だけ35換算表示だったり・・・私にはさっぱりわかりません。ちなみに自分のメイン機材(携帯)も、CCDサイズやレンズの焦点距離、F値等々、全く不明のまま使ってます。(笑)
    でも、近年は多くのカメラマンさん(プロアマ問わず)は35換算の焦点距離や画角を基準にされてるのも、私にとっては不思議な世界ですね??(笑) 今京都でグループ展してますが、そこに参加している人たちも、デジカメ使ってても私と同じくらいデジ音痴な人が多いです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *