フィルムカメラせいかつ

このブログに訪れたみなさまの影響で、早速フィルム式のコンパクトカメラ(70年代デザイン)を引っ張り出してきました。このカメラはオリンパス35DC、1971年発売なんだそうです。明るい単焦点レンズと、マニュアルフォーカスが、いかにも私の好みです。10年くらい前に偶然いただいたカメラで、確か当時メーカーに整備に出して少し撮影して、そのままになっていました。
さて、フィルム式カメラで撮るぞ!と意気込んで出勤したら、なんと群馬のプロカメラマンBENさんから「フィルムカメラでやるのも良いですが、デジタルでもう少し深く追求してみませんか。」と悪魔のお誘いが、、、。
実は今朝、このフィルム式カメラをほんの少し使っただけですぐに軽い違和感が。まずこの(ライカM型のような)二重像合致式のピント調節でユウキ君をねらうのが難しい(笑)(<へたくそ)ということと、ユウキ君が撮影のモチベーションとする撮影後の「みせて~ぇ」のプレビュータイムが「ない!」ってこと。そして最大の問題は「今日はフィルム式カメラでこれを撮りました」という日記に掲載ができない(難しい)、ってこと、、。これはデジタル式時間感覚に慣れすぎた、というのでしょうか。
あと、その瞬間にカラダはひとつしかない、ってのも感じました。フィルム式で狙っている瞬間の写真は、デジタルでは撮れない。どっちかに没入するしかない。これは不器用なボクにはいつもの「ビデオにする?カメラにする?」の選択以上に悩ましい問題でした。
さて、意味のない長文が続きましたが、様々な言い訳の末、BENさんの挑戦状を受けて立つことにしました!BENさんといえばウエブサイトを見れば一目瞭然ですが、すごく腕のいいカメラマンさんなんです。普通に真っ向勝負で勝てる相手ではありません!(笑)しかし今回のテーマは「アナログ風、LOMO風味に挑戦」というへんてこりん(変則的)なものなので、結果はわかりません。さて、どうしたらLOMO風味になるのでしょう。

5 thoughts on “フィルムカメラせいかつ

  1. 自分が写真始めたころは、こういうカメラはみんなの憧れだったと思います。
    私が使ってたのはもう一昔前の、キャノネットというカメラでした。

  2. SHUさん、私はインターネットをうろうろしていたら、SHUさんの肖像を拝見してしまいました!なんと、ハイテクなマシンに囲まれていて、かっこよかったんです。あれは誰ですか?(笑)また私のSHUさんのイメージが崩壊していきました。(笑)
    バックドロップは、先日買ったばかりで、まだアイロンをしてない段階でした。バックドロップを素早く切り替える方法はないものか、って考えています。マジックのように瞬時だと、営業的に(笑)すごく助かります。20分の撮影で4回バックが変わったら、すごく良いのです。

  3. > SHUさんの肖像を拝見してしまいました!
    と言っても出所が???ですね??何処からばれたのか? 私のHPならいいけど・・・(笑) 
    でもあの写真はかなり古いですよね??マックG4が出た当時だから・・・自写像がグループ展のテーマでね??(汗;)・・・ 実際はあんなおっかなそうなオッサンじゃないですから・・・  ユウキくんに嫌われそう(汗;)
    掲示板とかでは、暗い過去やそれに関することは書かないだけですが、けっこうメールとかで「お前は何者だ?」攻撃してくる人もいるんですよ。(笑)
    ポートレートされる方にとっては必須アイテムなんですよね! 3mぐらいの物干竿みたいなんに巻き付けて、壁に付けたフックやスタンドに引っ掛けてる人もいるようですが、どうすればいいか?素人にはよくわかりません。それとも最初から何枚か重ねといて、順番にはがしてゆくとか・・・勝手な事言ってすみません。 片付ける時はきっちりたたむよりは、しわしわにして箱なんかに突っ込んどいたほうがいいかもね。

  4. SHUさん、なるほど、グループ展での出品作品として自画像を撮影されたのですね。さすがの力作でした。メールで攻撃、ありがちですね。(笑)特にSHUさん、物議をかもすような内容のコラムがありますからね。
    順番にはがす!なるほど!はがす、という発想は全くありませんでした!ありがとうございます!やります!(笑)<これで売上UP!

  5. > 特にSHUさん、物議をかもすような内容のコラムがありますからね。
    お叱りもよく頂戴してます。でもちょっと怪しいくらいは面白くていいでしょ(笑)
    > はがす、という発想は全くありませんでした!
    ええかげんな思いつきで言うてすみません??ん。
    でも、モデルさんの衣服は、はがさないで!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *