自分でもどこまでいけるかわからないからこそ

今日はロサンゼルスから郊外へ遠出して、砂漠の景色で撮影をしました。すごいのが撮れたのはとても良かったのだけど、砂漠だけで一日終わってしまったので、すごく高級(高コスト)な撮影になってしまいました。そこだけはもったいなかった。途中で見かけた光景。走行中の車窓からおもわず撮りました。いままであんなに好きだった巨大風車の景色だったのに、、、、すごく嫌いになってしまったのはなぜなんだろう・・・。(<とにかく怖かった・・・。)地平線までずっと続くような巨大風車群です。アメリカはすごい・・・。今年の撮影で予想以上の大活躍をしてくれている「画像保存機」のエプソンP-5000です。成田集合のときに「今年はこれ買って持ってきました!」と気合いを見せたところ、「え?はんちゃんそんなことにお金かけて、、、、単なる新しモノ好きなんじゃない?」とか言われがっくり。(笑)そんなエプソンP-5000だけど、いざ使ってみると移動の車中で4型画面(しかも色調と階調がかなりリアル)で画像が確認できて、「このカットいいね!」「これだとこれが足りないね」など打ち合わせができて超便利。「はんちゃんこれ大ヒットだよ!」とほめられてうれしくなりました。
ことし、「これ忘れてきたなー」と思ったモノは、、、GPSの装置。ソニーから発売されているやつ。これを一日車にぶら下げて移動していれば、いつ(何時何分)どこ(緯度経度)で撮影された写真なのかを、写真内のEXIFデータ領域に埋め込めちゃう、という便利ツール。車窓から「あ、これいいな」って思ったら写真撮っておいてこのGPSが15秒に一度ずつ自動記録した位置情報と照合させれば場所判明。あとで行けばいい、ということなんですね。日本ではあまり必要を感じなかったのだけど、広大なアメリカで使えたら最高です。今日の夕ご飯はボクのリクエストによりビーフボールの(笑)吉野家です。みんなクタクタなのでドライブスルーで買ってホテルで食事。「コンボのセットにはクラムチャウダーが最高!」とかいうのでそれに従いました。うん、確かに吉野家のクラムチャウダーは最高です!(笑)
いつもアメリカ人のモデルさんには通訳してもらってポーズをお願いしていたのだけど、今日は砂漠の中にモデルさんと2人きりのときがあって大声で直接やりとりするシーンがありました。うまく理解してもらって無事撮影できました。このときモデルさんが他のスタッフさんに「ハンダは面白いやつだね!」って言っていたそうです。なるほど直接言葉で通じることで、はじめて気持ちも通じるんですね。とても大切なことだと痛感しました。英語をもっと身近なものにできたらなーと思いました。
明日はなんとモデルさんと2人だけでマンションの一室に残されて撮影なんだそうです。アートディレクションなしでお任せで撮るとはずいぶん信用されたもんだ、とも思いましたが(笑)、そんなんじゃなくスケジュール的にあまりにタイトになってきたのでディレクターが必死で別行動でがんばってきてくれるのでした。明日はボクのクリエイティビティーが試されます。自分でもどこまでいけるかわからないからこそ面白いチャレンジです。

9 thoughts on “自分でもどこまでいけるかわからないからこそ

  1. モデルさんに英語でこういう姿勢してって言うのは、毎回非常に難儀させられます。
    なんとかジェスチャーで示してやってもらうって感じです。
    渡米2年半、いまだに英語力が足りません。

  2. kockoさん、コメントありがとうございます。渡米2年半でいらしたのですね。「勇気」あるなーと思っちゃいます。海外生活なんて。ところで私にとって日本語でも大変です。こちらの想いを伝えること。いやそもそも自分がどんな想いを持っているのか・・・・。あやふやではそもそも伝わりませんよね。反省。

  3. こちらこそどうもありがとうございます。
    勇気というか、若げの至りと申しますか汗
    相手がプロなんてことはほとんどないので、こちらからクリエイティブにこんなことしてーって提案していかないといけないのですが、それがなかなか難しいです。まずどんなことしてもらえばいいかもわからず、本眺めたり人が写真取ってるところをのぞかせてもらったりです。
    ともかく、同郷(?)どうし何か私にできることがあったらおっしゃってくださいね!!
    70-200が壊れた、ちょっと貸して!とかだったら週末にマイル使って飛んでくかも。(笑)

  4. はんちゃんさん、慣れない渡米、大変だと思いますががんばってください!
    吉野家(アメリカ)のクラムチャウダーは、たしかに美味いというか、ほっとしますよね(笑)
    吉野家はアメリカで結構がんばってて、あれは3年くらい前でしたか。
    ニューヨークが大停電になった直後、ちょうどタイムズスクウェアの吉野家でクラムチャウダーをすすってたのを思い出しました・・・

  5. 書き忘れました。
    そのときはちょうどBSEで牛肉が問題になっていて、そちら(アメリカ)じゃ誰も気にしてないのにと、在米日本人が笑って、吉野家を食べていました。
    牛丼としての味は日本より落ちるなぁとおもいましたが、まあ安いし、味は安定してるし、便利だし。
    あと風車の写真すごいですね!
    ロスは何度も行ってますが、これは見たことありませんでした。
    撮影、がんばってください!

  6. iwayanさん、「吉野家のクラムチャウダーは最高」なんてナンセンス?なこと言ってスミマセン。(笑)しかし一方で日本人の味覚ではジャンキーと感じる食品も多いので食べてみて「繊細な味だ」と思えちゃうとボクの中で一気にランキングUP!しちゃいます。

  7. Crystal2さん、牛丼が気軽にドライブスルーで買えちゃうのはとにかくありがたいです。風車はすごいけど一方で異様で怖いので、観光名所にはなっていない気がします。(笑)(怖いのはボクだけななぁ・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *