画期的な新iPod shuffle

アップル、画期的な新iPod shuffleを発表
なにが画期的ってほんとうにいろいろ画期的でいいなと思ったんだけど、
曲名とアーティスト名を表示するのではなく、表示部分がなく、代わりにシンプルなボタン操作により音声で読み上げてくれる仕様になっていること。
そして、、、
Macとシンクしている使い方ではクールな声でアナウンスしてくれるのに、
Windowsとシンクしている使い方ではダサダサないかにも昔の合成音声(ロボット声)でかっこ悪い声で読み上げてしまうらしいこと。。。。(ビデオガイドの内容から判断)
これではこの新しいiPodを気分よく使う場合はうっかりWindowsとシンクしたら気分台無しだから、忘れずにMacのほうでシンクしないと(ロボット声のほうが良い人は別として)ダメ、ってことね!
・・・・わっかりましたっ!(素直)
要するにiPod以前に俺専用のMacが欲しいです。。。。orz
追記:ビデオ中ではまるでWindowsだとVoice品質が劣るみたいなデモだったけど、実際はLeopardの場合のみクール&明瞭な音声で、TigerおよびWindowsではロボット声みたくなってしまう、ということのようです。
追記2:もしかすると高品位なVoiceは一部の言語だけで、日本語はロボット声オンリーの可能性も出てきた。今のところ自分はアップルのサイトの情報しか見てないから詳細は不明。日本語のロボット声は、、、情けないようです。(ビデオ中のデモから判断)<だんだんテンション下がってるっす。(よしよし)
追記3:Leopardには高品位な英語音声の機能(VoiceOver=Alex’s voice)がついていて、英語の場合のみそっちのエンジンを使うから高品位で、その他の言語はiPodに付属のエンジンなんですな。。。どうやら各言語で品質が違いそうな気がする。日本語はpoorな気がする。聴く楽曲がJPOPでない場合は日本語での読み上げはないので関係ないのだが、、、
このiPodの話題は別にどうでもよくなってきた。。。(ここまで書き上げて削除かな。。)<本日最大のとほほだ。。(つーか仕事しよう)<自宅にデスクトップPC持ち帰り中の時間に追われているはずの人

1 thought on “画期的な新iPod shuffle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *