徹夜トークの代償


やっているうちに、なにをしたかったのか意図がわからなくなってしまった動画。(をそのまま載せる)最近自分が自分に送ったことになっている迷惑メールが届くようになりましたよね。gmailというシステムにしてからほぼ一年以上?、迷惑メールとは全く無縁だったのでどうしよう、って感じ。さきほど気がついて「フィルタを作成」からキーワードに「サーバーに残された」あたりの言葉を指定してそれらを「アーカイブ」あたりに飛ばしてやる指定にしてみました。これでたぶん排除できると思うんだけどどうだろう。
先日遊びに来てくれて徹夜で語り合った先輩がその後連絡がないので、「なんで?どうして?嫌われちゃったのかしら」(<まあそれは当然だが、、、、)と思っていたらなんと熱などを出して完全に2日ダウンしていたのだそうです。。。先輩の稼ぎ出す金額を考えると2日間の不稼働は大丈夫だったのでしょうか。(考えると超恐ろしいので考えないことにする)無茶な徹夜トークの代償は高い!(でもそれだけ夢中だったトークの価値が高かったということで、、、)(なぜ我慢できなかったんだ>二人)脈略もなく次の話題は「あの機材は今」シリーズの薄型ストロボ。都内の有名カメラマンY氏からも「あんなの買ってないでちゃんとしたやつ買いなよ」みたいなことを言われたし、実際自分も用途があまりなくてほとんど休眠の機材。先日なんとなく正面からの色出しのライトとして組み込んでみたらこれが「超イケテルんじゃない?」ということになりそのまま営業写真で使ってました。2日後、、、「あれ、光ってないっぽい」「もう壊れた」「逝ってます」ってなことでがっくり。しかし落ち着いて見たらヒューズが存在し、それが焼き切れていることがわかりまして、それをようやく昨夜買えました。まあ展開としては同じ用途に組み込んで人物撮影に多発させているとまた飛ぶでしょう、ということです。幸い、先日の先輩との勉強会の結果、全く違う考え方で正面とトップの明かりを組み直して新しいライトになったので、、まあ要するにこの弁当箱型のライトはまた「お休み機材」になったということでした。どこかアジアの国、タイ製?だったか忘れましたが、最近アジアとかなんか近しい感情を持っております。
追伸、ヒューズを入れてもすぐにヒューズが切れてしまうことを確認。さきほど3発だけ美しい光に再開しました。。いつかまた逢いましょう!(笑)

5 thoughts on “徹夜トークの代償

  1. 有名じゃないけど、話の成り行きからしてYは僕か??
    だめ押しで書きますが、こういうことにお金を使えるのって、本当に贅沢なことだと自覚しましょう。世間的には貧乏の範疇からはほど遠いのです。
    まあ、そこが半田さんの良いところなのですが。
    ヒューズですが、何のヒューズか、取説に書いていませんか?もし、モデリングランプ回路のヒューズなら多少大きめにしても大丈夫な場合があります。僕の使っているコメットの機種ではそんなのも存在します。メーカーの人も「大きいのにかえて使ってください」って。
    でも、あくまで自己責任ですから。事故責任にならないように。笑

  2. yukinyaa様、画面の話、これカメラのシャッター速度を上げていってわざとフリッカーを出せばミッションコンプリートだったのかも、と後で気づきました。

  3. tats様、レスありがとうございます。すみませんY氏って伏せ字にしたつもりだったのですが、バレバレですね。(笑)ヒューズが飛ぶようになってしまったのは内部の動作が少し狂ってしまったようです。これをキャパの大きなヒューズとか、直結とかで見過ごしてしまうと、本当に怖いトラブルに発展するかも、なんてさすがの私も思ってます。やはりスタジオでの連続発光に耐えるかどうか、というのはそれなりのブランド品でないと厳しいかもですね。良い発想の製品だと思って気に入っているのですが、、惜しいです。(<負け組)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *