手作り感満載のツイッターセミナー。

今日は意気投合の仲間と手作り感満載のツイッターセミナー。私の役割は会場の音声と、ストリーミング映像を出すこと。
準備していて「懐かしい」と思った私は大学4年間「放送研究会」というサークルでテレビ出演関連、ビデオ撮影製作の他に、イベントの音出しをやってたのです。地味な作業ながら、音が無事に出てるとなんだかうれしい、そんな音の作業が懐かしかったです。(アルバイトでNHKの報道カメラマンのアシ)
そんな私が一台のカメラで2時間をまわしました。カメラ操作だけをしてるのではなく、途切れずに映像が出ているかとか、時にはツイッターのレスを書いたりもしていたので(笑)、なにもないホワイトボードが数秒写るとか(笑)まあひどいところもありました。
でも全体としてはセミナーは大成功、ストリーム放送も「ズームカメラだ!」などコアな視点でのツッコミをいただき、そして「ぜんぜん仕事にならなかった」など没頭して放送を見て下さったかたもいたとうことで、とてもうれしかったです。
一番の収穫は、なんだかんだ、今日の受講の方々とのコネクションだと思います。なんだかんだ、集まったのは先端的な感覚を持った人たちだったのです。初心者を想定した内容だったのですけどね。。。佐久でなんでこんな風にこんなことしてるんだろう、という不思議さが最高、そんなところでしょうか。
成功したとはいうものの、なんのためにこんなことをしているのだろうね、という話にもなりました。(汗)おもしろから、ということが原動力でやってる、というのが本当で、だから不思議なんだけど、そのまま走っています。

2 thoughts on “手作り感満載のツイッターセミナー。

  1. 拝見できなかったのが残念ですが、「なんのためにこんなことしてるのだろうね」というゆるい感覚だから出来たんじゃないですか?
    利害や打算、胡散臭さがあったら、人は集まらなかったと思います。
    そういうリラックスしたゆるさの中から、新しいつながりが出来て発展していくのがこれからなのでしょうね。
    でも、ちょっくらフォロー外させていただきました。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *