地元ではまだ店頭販売されてないPX-5Vのインク

地元でインクを探してもまだ店頭販売されてないPX-5Vのインク。ゴールデンウイーク後半から数日不稼働でした。。
さて、インクを買いそろえたのはいいけど、これって、、今月末に返却となる予定のプリンターでした。。。。PX-G5300の頃は、あまりの絶好調ぶりに一瞬たりとも手放せないってことでモニター期間中にお買い上げでした。(当時5600の前に発売されていて、待望の新世代機という感じもあったのです。)PX-5Vもまさに同じようなとても良い手応えを感じたプリンターでした。
さて、事務局から「インクジェット用の和紙」が数枚送られてきています。早くやらないと、、、

5 thoughts on “地元ではまだ店頭販売されてないPX-5Vのインク

  1. そういえば、インクは残っても、5Vを自分で買った後に使える品物でしたね! 5Vの最大のライバルは、明らかに「この一台!コストで勝るPX-5002」です。2年程度使えばうちのインク使用量では5002のほうがトータルコストで安くなります。さて、yukinyaa先生は確か両方事務所でご体験のはず。。。。どっちがオススメ?こっそり教えて、、、(笑)

  2. 残念ながら、いつもコストのこと頭に入ってないんですね?。
    なので分かりません。
    てか、5002のインクは2本追加購入してしまいましたが、1本は未開封、もう1本もかなり残して終了しました。(返却時には空のカートリッジに差し換え。(^_^;))
    5002はけっこうプリント出来たような気がします。
    プリンタを返しちゃうとA2用紙がプリント出来なくなるので、特にプリントする必要もなかったのですがベルベットファインアートは全部使い切りました。
    なので5002の時は、マットブラックですね、使い切ったのは。

  3. 大丈夫です。5002がローコストである、ということは完全にシミュレート出来ているので。知りたいのはL版などの小さい印刷での品位なんです。おおざっぱに言って大判プリンターの一種なのか、いやいやミクロで見てもぜんぜんオッケーよ、ってのが実は全くわからないんです。プリントたぶん見たことない。。。

  4. あ、その点ですか。
    それだったら5002はコンシューマー寄りの機種なので、L判もオッケーです。
    最小は3ピコリットル、最高解像度2880dpiですけど、十分だと思います。
    でも5002はその下の解像度だと、1440×720なんですね。
    5600は1440×1440があるのに何故なんだろ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *