NEX-7がとどいたと喜ぶ友達

お友達が開口一番「とどいちゃいましたよーーーー!!」と見せてくれたこれ。すごくいい、って。ネット上でも絶賛の声を見ていたので、どれどれと。。
いいっすね。2分程度触りました。背面液晶のタイムラグは普通。ELのファインダーのタイムラグは、もはや私にはわからなかった!!(史上初) 遂にこの時が来たか、、、、
設定で回避できるかもしれないけど、私が感じた問題点は、オートで撮影時に、露出シミュレーション表示が限定的で、ドアンダー、オーバーでの撮影に気づきにくい。(ヒストグラムも撮影内容でなく、表示画面のヒストグラムっぽかった。 マニュアルにすると、非常によろしい露出シミュレーション表示で、逆光の人物を意のままに撮れた!(うまくなった気分) 私はこのNEX-7でオートで撮影することはないだろうから問題ないけど、オートで撮影する人は注意かなー。
しかし、とにかく全体的にとてもよろしいものでした。とっさにやりたいことが、なんでもとっさにできそうなダイヤル配置。直感的でいい! どんどん進化するデジカメ。楽しいですね~。

10 thoughts on “NEX-7がとどいたと喜ぶ友達

  1. 撮影後のオートレビューをオンにしておくと、いちいち「ノイズリダクション処理中」みたいな表示が出て次が撮れなくなります(涙)。オフにしろってことなのでしょうか…orz
    あとはいまのところおおむね満足。

  2. shore134様、「RAW画像にはノイズリダクションは行われません。」ってハンドブック(P138)に書いてあるのですが、RAW単体撮影だとレスポンス向上したりしますか?
    それにしても、たまたまかもしれないけど、自分がRSS購読している人の評価が著しく高い!!NEX-7は本当に素晴らしいんですね!!

  3. このカメラの能力は、史上最高かも。このランク、このサイズで。
    解像感はすばらしいと思いました。ただインターフェースと電池の持ちが、どうも会わないんですね、私には。

  4. han監督。おっしゃるとおり、まだSilkyPixがRAW対応していないので、RAW+JPEGにしていたのでした。RAWのみしたらだいじょうぶでした。ちなみに、LrはNEX-7発売前からRAW対応していました。NEX-7に満足しているので、手持ちのNEX-5の評価も再上昇。出番が増えました。電池の持ちはどちらも悪いです。NEX-5はバッテリーがへたっているのか特に悪い。Eye-Fiのせいかもと思いふつうのSDに替え評価中。

  5. そうか、宇谷屋さんソニーユーザーだし、「他人事でない度」が少し高そうですね。。。触った感じ、質感がプロ仕様だと感じました。すんごく良いと思います。アルファのレンズ付けて長時間つきあえる、良き伴侶、一生の友、不可欠の機材、これがあって良かった!、荒川に連れて行こう!! そんな感じだと思います。m(_ _)m

  6. ええ、確かに他人事ではないのですw
    懐がさみしくなければ速攻買っていたでしょう^^;
    よし!これだ!買いだ!ってならないのは、フルサイズ換算で24mm以下の良さ気なレンズがないってのが躊躇する理由です。
    あ、でもシグマとかあるんでしたっけ?
    まあ、でも、がまんがまん・・・

  7. ホビーで欲しいカメラと、仕事でも活用できるカメラと、NEX-7はどちらなのでしょうね。NEXがあれば良い仕事ができる、NEXがあれば効率的に仕事ができる、そんな内容があればサイコウです。正確な露出シミュレーションができるリアルタイム表示ファインダー(たぶん世界初)、これはファインダー像だから直射日光下で見える。。。。
    いろんな意味でNEX-7はこの後キヤノンからもニコンからも出てくる新しいプロ用ミラーレスカメラを先取りしてるのだと私は想像しています。しかし、、、しかし、、レンズが、、、(大涙)標準ズームみたいので撮影できっかYO!みたいなタイプの人は選べません。シグマとか言いはじめるとどうでも良くなってきて、余裕で我慢成功ッスね。プラナーとかディスタゴンゴンとか頼むよ、って。でも、大先生がコンパクト型としてサイコウと興奮する傑作、そりゃすこし付き合ってみたいよね、、、ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *