プロ機材 ガイドナンバー38 格安ストロボ 10,500円

プロ機材 ガイドナンバー38 TT560 ストロボ 10,500円
(ガイドナンバー38 スペックは28mm広角時なのに注目。)
これ、安いのがもちろん最も魅力なんだけど、操作が簡単、シンクロがシンクロ端子で簡単、というところが惹かれます。普段からストロボのオート機能は基本的に使っていないので、これでも十分かもしれません。
やりたいのは、(理想)4灯一組に束ねて、8灯にする「千手観音スタイル」でございます。
左右から光らせるのも想定しての4×2=8灯。予算は84,000円なり。おお、、。
製品写真からすると、なんとなく純正の外部バッテリーにも対応している可能性も否定できない。f(^^; ただし、外部バッテリーのほうがもはや本体より高価である(笑)。(単なる電池ボックスでなく、れっきとしたジェネレータの一種と考えられるので、それなりにするのはしょうがない。)
最新のキヤノン純正で8灯買うと44万円ですので、お金持ちの私にはどっちでも良いのですが(^_^;)念のために8万4千円のほうにしておこっかな、みたいな。(^_^;)
(大量の場合個人輸入するとしてTT560が一台3000円×8=2万4千円+送料なのでしょうか、、、ww。)
追記:千手観音スタイルは、純正ストロボによるFP発光(カメラから見て定常光になるような長い発光+高速シャッター)を使って日中シンクロを本来目指すことを目的とし、主に猫好きのカメラマンによる「千手観音スタイルコンソーシアム」により構想中のもの。この沖縄プロ機材のストロボでは1/250以下のシャッター速度でしか撮影ができませんので、ある意味片手落ちでした。←千手観音の話題で片手落ちという結びは縁起でもありません。すみません。m(_ _)m

20 thoughts on “プロ機材 ガイドナンバー38 格安ストロボ 10,500円

  1. なんか、思いがけずパソコンの増強なぞしてしまって、撮影力がアップしてませんよね、、、。(涙)
    ストロボ8万円+ゲージ製作にホームセンター材料1万円、そのくらいはやってみたいよねぇ。。。(でも結局皮算かww)
    今回のネタもしかし、特上でやんしょ?!え?センセイは44万円の側の人でしたか、、、orz

  2. 費用的に沖縄価格とヨウノウを比べてどっちとなれば迷いますね。TT560を個人輸入するならば一個3000円、10個にしとく?20個いっとく(おいおい)?の世界に突入でして、まさに異次元!(^o^;)

  3. なな、だいせんせいが、、!!(^-^)v 何十発?ww
    仕掛け花火のような感じで。超特大スターマイン豪華9連発、巨大やぐらに、夏を彩る大輪の花。ヨンノウが夜空に40連発フル発光。故郷を爆発的パワーで明るく照らします。オペレーターはもちろんあの人、ねこにゃんにゃんさん。どうぞー、ナイヤガラメルティーバーストです!(待ち合わせ暇に任せて携帯から長文

  4. ほほほっ、テスト的に1灯だけでやんす^^;
    純正、旧タイプ、サードパーティー、あわせて8?10灯くらい?

  5. さすが、dojou7先生、いってしまいましたか。
    何やら600という型版もちらほら出ているようなので、発売されたら是非・・・

  6. すでに8~10灯あれば、もうおなかいっぱい、というか「やぐら即戦力」やっぱりうらやましい。(やぐら発想のことばかり言っていてすみません。ww)いえ、純正赤外はいまいち、、やぐら向きじゃないですね。
                          /<有線多灯
    本体-ラジオスレーブ発信→→→→ラジオ受信<シンクロ分岐
                          \<有線多灯

  7. ヨンノウの600がラジオだったら面白いのになぁ。。(笑)(赤外でした。)
    http://www.hkyongnuo.com/e-detail.php?ID=301
    ヨンノウの外部バッテリーコピー品って4000円でアマゾンで買えたりするのですね。(ニコン)品質を割り切れば(爆発もある程度覚悟などw)相当なシステムになりそう。(いや、FP発光でもないのだし、バガボンドミニ+モノブロックのほうが結局優れているのかもなー。

  8. nikonのCLSに対応してますので、キヤノンもEOS7ではストロボ光同調では(赤外線だけではないのでは)とおもうんだけど。

  9. 赤外線は可視光線の外側の光で、EOS7Dは主に可視光線用のライトを使って同様のパルスを出している、という解釈かと思っていました。ストロボには赤外線も含まれているために、互換性がある、という風に想像していますよ、先生!(とまあ、いつも僕も大胆だなー。。。笑)
    CLSという言葉は今回初めて認識しました。クリエイティブライティングシステム、直訳で「創造的な照明システム」となりますが、実際は自社電池ストロボとのワイヤレス同調システムのことのようです。
    キヤノンにはよく考えると同じような用語・商標がなく、単に「ワイヤレス多灯ストロボ撮影 」という感じです。今私が考えましょうw。(なんでやねんw)キヤノン「スマートライティングシステム・SLS」スマートフォンでのタッチ操作の統合システムを意識して今はやりの「スマート」を入れてみました。

  10. koflog様、「世界送料無料」「ロシアやブラジルでも(エアメール)無料」って書いてありますね。。。(驚)JPY4411円 EMSエクスプレスも選択可能($5.95←あれれ有料でも問題ない安さですね)。
    ポイントとなるのは、あとはdealextreme.comが信頼できそうかどうかの見極め。検索すると「注文して2年ぶりに届いた」などの投稿も散見され、それなりの品質なこともありそうww。 もちろんいろんなリスクを想像するのが楽しいのであります!
    他にも国内の宅急便同等以下のEMSエクスプレス料金で配送してくれる海外通販もありそうな気がしてきたのと、Fromアジア(メーカー拠点)toアジアならもっと良いのにな、という気も。 情報ありがとうございました!!

  11. ebayで購入した中華ものはほとんど現地から、あるいは香港から送ってきたよ。でもアメリカからの方が早かったことも^^;

  12. センセイからとっておきの情報がほぼリアルタイムでいただける喜び(←とろけている)アメリカを本拠地として「海外」へ発送している企業と、グローバル展開している企業との違いなのでしょうか!! いやー、自分も今更ながら、グローバルな視点を身につけたくなってきました。(きっと英語をみにつけて、グローバル版の2chみたいな掲示板で、ジャパニイズストロビストハン、みたいなハンドルネームで大暴れすればすぐに「いってよし」の英語版(スラング)も使いこなせるようになるのでしょう。)←そんなのが俺のグローバル自分像だったのか、、orz

  13. dealextremeを数回利用したことがありますが、中国系ではかなり上位の信頼できるサイトだと思います。日数は1か月弱ぐらいで届きます。トラッキングを見ると物自体は数日で出荷されており、中国の郵便事情が悪いことが時間がかかることの原因のようです。
    ただし、在庫なしマークがついている物を頼むと数か月かかることもあるので、在庫があるものをオーダーするのが鉄則です。
    1ドルに満たないものを買っても、送料が無料(実際はトラッキングのため1セント)なのは、中国の郵便料金が安いので、国際郵便で日本に送っても日本国内の送料より安いということが理由じゃないかなっと思います。
    あとは、

  14. koflog様、情報感謝です!このサイトが中国系だというところまで全く気がつきませんでした。(香港なんですね。)エアメールでは一ヶ月弱ですか。。差額の600円(このストロボの場合)を払えば(EMS)3日~5日で届ける、って書いてありますね。「在庫のあるものをオーダーする」という鉄則はとても役に立ちそうです。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *