色温度表記の違い一覧。

5D2とLRの色温度表記の違い一覧。
5D2 LR
10000 8200
9000 7350
8000 6700
7000 6250
6000 5500
5000 4700
4000 3850
3000 2950
2500 2500

15 thoughts on “色温度表記の違い一覧。

  1. 5000より6000のほうがグレーっぽく見えますね。
    5500あたりがニュートラルか?
    光源はストロボですか?
    光源の色温度は一定で、カメラのマニュアル色温度設定で変えたんですよね?

  2. yukinyaa様、これは明るい室内(4800K)で撮影した液晶のテキスト画面です。6000Kでキャリブレーションしてあります。(春に、、、、汗)ミックス光の条件だし色味は気にしないでください。(つーか今は一人だし暗くしてやってまたみればいいのだね。)

  3. あ、モニタか。
    文字はモニタに出したのね。
    今安いノートで見てるのでイマイチ正確じゃないけど、モニタ6000K、カメラ6000Kでグレー、カメラ5000Kなら青っぽいっってことですね。

  4. ところで、室内が4800Kなのに、何でモニタが6000Kなの?
    な?んてこと、突っ込むとまた面倒なことになりそうだから、触れないことにしようっと。

  5. 面倒ですよね、、。わたしも面倒なの。(笑)ひとつだけ、自分の目が5000K表示に耐えられない可能性と、EPSON純正写真用紙の紙白が青い(蛍光染料?)ので、画面の白色を青めにする必要がどうやらありそう、というのですね。そのへんツッコミ大歓迎ですのよ。。。

  6. いや、写真用紙の紙白に合わせてるんなら、ちっと納得するよ。
    ちっと、だけど。
    どおせなら、「6000Kの色評価台使ってますから」くらいウソでもイイから言えば、恐れ入りましたって、すごすご退却するのに。w

  7. ボクはウソって言わないんです。(ごまかすだけです。) 写真用紙とアート系のマット紙で白違いますよね。もしもアート系のマット紙で仕事してる場合、画面も5000Kで良いと思う。(きっと)

  8. はやいな、チャットか?
    そうそう、いつもあなたがスタンダード。
    あなただけのスタンダードかも知れないけど。w

  9. オレだけのスタンダードで上等ですよ。あれ、アップルさんが時代はD65って言い切ってたようなかすかな記憶があるんだけど、、、せんせい~!

  10. 即席に調べたところでは、DIN(ドイツ工業品標準規格)6173では6500とか?
    ドイツから仕事を受注すれば?
    アップル?
    そおだっけ?
    今の話?
    アップルのモニタって、今は6000Kくらいでは?

  11. お?、記憶いいね。
    書いた本人、忘れてたアルね。
    このブリーフ(BVDぢゃない)、プリントに特化したモニタキャリブレーションのことに触れてるわけではないですね。
    翻訳のせいでちょっと曖昧になってますが、「web」を主眼にしたセッティングと読み取れます。
    そして、現在ではweb主流(デジタル編集やインターネットパブリッシングが重視)なのでD65、ガンマ2.2が良いのだとされてます。
    でもこの文章の中で、何気にばっくれてますけど、モニタのほう(OSのほう)を印刷物の紙白やガンマに合わせ込んで、DTPに向いていると謳い文句にしていたのはアップルのほうですよね。
    なので言ってみれば、D50、ガンマ1.8のほうが、マイナーな変態ヲタセッティングだったと思います。
    でも、印刷データ作成が主な作業の変態な我々は、それでもやはりD50あたりのほうが作業環境としては向いていると思います。
    もちろん、おっしゃるように特定の用紙をターゲットにしてモニタの白色点を合わせるのも正解です。

  12. 続き)
    ぶち専務のiMacはデフォルトのままですか?
    最近のMacBookでDPPを使っている人を見たことあるのですが、なんかけっこうニュートラルなグレーしてました。
    観察環境にもよると思いますが、6500Kより低い印象、5500Kくらいに感じました。
    なんか白色点下げなくても良さそうな感じです。
    LEDだからかな?
    これを6500Kでキャリブレーションすると、逆に青くなっちゃうんじゃないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *